アレックス・ペティファー、『アイ・アム・ナンバー4』出演理由はスピルバーグのお眼鏡に適ったから!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/6/8 14:45

アレックス・ペティファー、『アイ・アム・ナンバー4』出演理由はスピルバーグのお眼鏡に適ったから!?

スリルと危険に満ちた逃走劇と若者の成長を描く『アイ・アム・ナンバー4』(7月8日公開)の特別映像が公開された。

D・J・カルーソ監督は、本作製作のきっかけを「ドリームワークスから送られてきたこの脚本を読んだ時、私はこのキャラクターの立場に心から魅せられた。社会との結びつきを持たないこの10代の若者が、転々と住居を変え続け、しっかりと根を下ろすことのないまま、自分が何者なのかということを探究しようとします。同時に、そんな彼には隠された運命が待っている。実にクールなストーリーだと思った」と明かしている。

主演を務めるのは『アレックス・ライダー』(07)に出演したアレックス・ペティファー。145人以上の俳優と読み合わせをしたというカルーソは、アレックス・ペティファーの抜擢理由を「まさにしっくりときました。ものすごくダイナミックで男性的な要素を持っています。しかし、それ以上に気に入ったのは、彼の危うさでしたね」と語り、彼の魅力を紹介する。

リチャード・ペティファーとリー・ロビンソンの息子で20歳のペティファーのデビューはイギリスのテレビ作品だったが、本作の製作チームが彼にアプローチしたのは、ちょうど初のハリウッド映画出演となった『Beastly』(現代を舞台にした「美女と野獣」で3月4日に全米公開された)の撮影を終えたばかりの時だった。驚いたことに、ナーバスになっていたというペティファーは当初、この話に尻ごみしていたそうだ。最初にオーディションを断った数週間後、彼は戻って来て、この役のセリフを読み上げた。「D・Jに向かって読んだけど、どうやら気に入ってくれたようだった。そして部屋に入ってスクリーンテストをやったんだ。そのスクリーンテストはスティーヴン・スピルバーグに見せるためのものだったんだ。そして彼のOKが出た。全く恥ずかしい話さ」とペティファーは笑う。

今回、公開されたのはアレックス演じるジョンの足に、痛みと共に現れた焼印でナンバー3の死を感知し、ナンバー4である自分自身に危機が迫っていることを感じさせるシーン。公開まではまだ時間があるが、まずはこの特別映像を見て、公開を心待ちにしてほしい。【Movie Walker】