水崎綾女、牧田哲也との手つなぎにドギマギ&鈴之助「お尻蹴って」と武田梨奈に要求!?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2011/6/22 13:46

水崎綾女、牧田哲也との手つなぎにドギマギ&鈴之助「お尻蹴って」と武田梨奈に要求!?

「月刊コミックビーム」に連載され、人気を博したタイム涼介の同名コミックを実写映画化した『アベックパンチ』の初日舞台挨拶が6月18日、シネマート六本木で行われ、出演者の牧田哲也、鈴之助、水崎綾女、武田梨奈、古澤健監督と原作者のタイム涼介が登壇した。

本作は、男女ふたりが手をつないで戦う格闘技“アベック”に魅了されていく不良高校生の奮闘を描く青春格闘物語だ。過去に共演経験がある牧田と水崎は、本作でパートナーを組んだ撮影を振り返り、牧田は「すぐに打ち解けましたよ。手をつなぐのもそんなに抵抗なかったです」と話すと、水崎は「私は抵抗あったよ。姉妹なので男の人との触れ合いは緊張しちゃうんです」と本音を漏らし、牧田を困らせた。明らかな体格差でインパクトを与えたのは、ヒラマサ&エツのペア。エツを演じた武田は、「鈴之助さんとは、会って3回目で『ちょっとお尻蹴ってみて』と言われました!(笑)」と暴露し、鈴之助は「武田さんのアクションはピカイチなので蹴りを味わいたかった。だって武田梨奈に蹴られてみたいじゃないですか!(笑)」とM発言をし、会場をにぎわせた。

メガホンを取った古澤監督は、「オーディションで偶然そろった4人なのに、実はもともと顔見知りだったみたいで驚きました。4人の仲の良さが映画にも出ていたので、その分、牧田のキスシーンは照れて見てられなかったなあ(笑)」と、役者の姿に目を細めた。本作が単独初主演作品となり、アクション初挑戦となった牧田は、「漫画のアクションを現実にするのは難しかったですが、色々考えてできたのが映画で出てきた技です」と紹介。

原作者のタイム涼介から、公開を記念し、出演者4人へオリジナル描き下ろしイラストがプレゼントされ、「僕たちを思って描いてくれて嬉しい! 家宝にします!(笑)」(牧田)、「原作を読んだ時に、私とエツのイメージが違うかなと心配だったんですが、タイムさんからも監督からも『エツ役にぴったりだよ』と言ってもらえて幸せでした」(武田)と、それぞれ喜びを語り、鈴之助は「武田さんが俺よりイラストの方が格好良いって(笑)」と肩を落とすなど、終始仲の良さを感じさせる舞台挨拶となった。【Movie Walker】