批評家が選ぶ、トム・クルーズ出演映画10選!各年代の“フレッシュ”な名作がズラリ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/5/6 19:30

批評家が選ぶ、トム・クルーズ出演映画10選!各年代の“フレッシュ”な名作がズラリ

ロッテン・トマトで高評価を獲得しているトム・クルーズ出演作品をチェック!
ロッテン・トマトで高評価を獲得しているトム・クルーズ出演作品をチェック![c]2018 PARAMOUNT PICTURES.

『トップガン』(86)や『カクテル』(88)など、80年代に青春スターとして圧倒的人気を獲得し、30年以上にわたりハリウッドのスター街道をトップで走り続けているトム・クルーズ。「ミッション:インポッシブル」シリーズなどでアクション俳優としての一面も手に入れ、50代を過ぎてからもド派手なアクションに果敢に挑戦するなど衰えを知らない、まさに“超人”だ。

本稿では、そんなトムの出演作の中から映画批評を集積・集計するサイト「ロッテン・トマト」で批評家の評価が高く、また日本国内の各動画配信サービスで視聴可能な10作品を一挙に紹介したい。

トムとスティーヴン・スピルバーグ監督が初タッグを組んだSFアクション『マイノリティ・リポート』
トムとスティーヴン・スピルバーグ監督が初タッグを組んだSFアクション『マイノリティ・リポート』[c]2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

「ロッテン・トマト」とは、全米をはじめとした批評家のレビューをもとに、映画や海外ドラマ、テレビ番組などの評価を集積したサイト。批評家の作品レビューに込められた賛否を独自の方法で集計し、それを数値化(%)したスコアは、サイト名にもなっている“トマト”で表される。好意的な批評が多い作品は「フレッシュ(新鮮)」なトマトに、逆に否定的な批評が多い作品は「ロッテン(腐った)」トマトとなり、ひと目で作品の評価を確認することができる。中立的な立場で運営されていることから、一般の映画ファンはもちろん業界関係者からも支持を集めており、近年では日本でも多くの映画宣伝に利用されるように。映画館に掲示されたポスターに堂々と輝くトマトのマークを見たことがある方も多いだろう。

それでは、トム・クルーズ出演作のフレッシュな作品10傑を挙げてみよう。

97%フレッシュ『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(18)

94%フレッシュ『卒業白書』(83)

93%フレッシュ『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11)

93%フレッシュ『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)

90%フレッシュ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)

90%フレッシュ『マイノリティ・リポート』(02)

90%フレッシュ『レインマン』(88)

89%フレッシュ『ハスラー2』(86)

86%フレッシュ『バリー・シール アメリカをはめた男』(17)

86%フレッシュ『コラテラル』(04)

関連作品