ヴィクトリア・ベッカム「女帝になりたい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/8/24 8:00

ヴィクトリア・ベッカム「女帝になりたい」

私生活はいたってノーマルだと発言したばかりのヴィクトリア・ベッカムは、キャリアの上では「ビッグに。さらにビッグに」が信条なのだそうで、帝国を築きたいとニューヨーク・タイムズのインタビューで語っている。

「私の性格はアメリカの方が合っていると思う。私はキャリア優先のワーキングマザーだわ。(ファッション界に)自分の帝国を築きたい。美しくて、クオリティの高い、自分が着たいと思うような服が作りたいの」と語っているヴィクトリアはインタビューの最中にも、ナオミ・ワッツからのドレスの注文を受けていたという。

「ビッグに、さらにビックになりたいと思っているわ」というヴィクトリアは、ハリウッドの受賞式シーズンでも、大物女優たちのドレス予想で名前が挙がるほどの人気デザイナーとしての地位を確立している。

しかし、彼女のファッション・アドバイスが必要のない人物もいるのだそうで、それは夫のデビッドだという。「時々、アポに遅刻しそうな時なんかに、『何を着ようか?』と尋ねてくることはあるけど、それ以外は、彼は自分に似合うものを良く知っている。彼は何をやっても素敵に見えるのよ。文字通り、彼はいつだって本当に、本当に格好良く見えるの」と手放しの褒めようだ。【UK在住/ブレイディみかこ】