関係者が認めていないS・キューブリックのドキュメンタリーが気になる!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/11/29 17:00

関係者が認めていないS・キューブリックのドキュメンタリーが気になる!

20世紀最高の巨匠スタンリー・キューブリックの『シャイニング』(80)を徹底分析するドキュメンタリー映画『ROOM237』。サンダンス、カンヌと映画祭で注目されてきた話題作が2014年1月25日(土)より全国順次公開となる。

リゾートホテルを呪われた迷宮に見立てた『シャイニング』を多角的に解明する本作は、筋金入りのキューブリック研究家たちのコメンタリーと共に進行していく。ビル・ブレイクモア(ジャーナリスト)、ジェフリー・コックス(歴史学者)、ジュリ・カーンズ(作家)、ジョン・フェル・ライアン(ミュージシャン)、ジェイ・ウェイドナー(作家、映画製作者、神秘学者)。この5人が斬新かつユーモラスな極私的『シャイニング』論を披露し、映画を読み解いていく。

ただ、本作はキューブリックの家族や『シャイニング』の製作者などには一切承認されておらず、完全に独自の解釈であることも明らかにされており、予告編も“本作は私見である”という内容の注意文から始まる。

いったいどんな映画に仕上がっているのか。日本公開が待ち遠しい!【Movie Walker】


関連作品

  • ROOM237

    -
    0
    スタンリー・キューブリック監督のホラー映画『シャイニング』を徹底検証したドキュメンタリー
    Amazon Prime Video