「相棒-劇場版III-」はこの“序章”から始まっている!劇場版へと繋がる「相棒」オリジナルドラマ第1話が無料配信|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/3/29 9:00

「相棒-劇場版III-」はこの“序章”から始まっている!劇場版へと繋がる「相棒」オリジナルドラマ第1話が無料配信

先日、Season12の最終回が放送され高視聴率を獲得するなど、今やその人気や話題性も最高潮に達している「相棒」シリーズ。その劇場版第3弾となる最新作『相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』も、4月26日の公開に向けていよいよカウントダウンを開始!劇場版で描かれる事件の発端が描かれたdビデオスペシャル「相棒-劇場版III-序章」が、スマートフォン向け定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」にて3月29日(土)より配信中だ。

今回の「序章」は、警視庁の窓際部署・特命係の杉下右京(水谷豊)が、相棒の甲斐享(成宮寛貴)にある不可解な事件の調書を見せるところから物語が始まる。それは12年6月に発生した、廃船寸前の貨物船で発見された2人の男の変死体。1人は撲殺され、もう1人は首を吊った状態で発見されたのだが、船内が鉄扉で閉ざされた“密室”だったことから謎が深まっていく。捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)が、身元の判明に奔走する中で、ある重大な真実にぶちあたるというストーリーだ。

「本作では、劇場版につながる大きな“謎”の始まりが描かれています」と語るのは、杉下右京役の水谷豊。その言葉通り、前述した首つり死体で発見された男こそが劇場版IIIへと続くキーパーソンであり、まさに“序章”というべき物語が展開されるのだ。また、劇場版IIIの重要なキャラクターである防衛省防衛政策局次長補・綿貫孝雄(風間トオル)や、元自衛官の高野志摩子(釈由美子)らも登場しており、劇場版IIIの世界観を知るうえでも欠かせないドラマといえるだろう。

全4話からなる「相棒-劇場版III-序章」は、3月29日(土)より配信され、毎週土曜に更新される。なお、第1話はdビデオにて無料視聴可能なのでぜひチェックしてみよう。【Movie Walker】

■dビデオスペシャル「相棒-劇場版III-序章」
配信開始日:3月29日(土)※毎週土曜更新
全4話(全編:44分予定)
dビデオURL:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004315

関連作品