斎藤工、鳥居みゆきに公開謝罪!男気が招いた悲劇とは|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2015/7/4 18:13

斎藤工、鳥居みゆきに公開謝罪!男気が招いた悲劇とは

忍者アクション映画『虎影』(公開中)の大ヒット舞台挨拶が7月4日に新宿武蔵野館で開催され、斎藤工、鳥居みゆき、西村喜廣監督が登壇。鳥居が初共演となった斎藤について「すごく優しい」と印象を告白。「飲み会で銀杏を剥いてくれて。『私の銀杏を剥いた斎藤工』ってなんかこのフレーズ、エロいな」と話すなど、暴走トークで会場の大爆笑を誘った。

本作は、かつて“最強”の名を欲しいままにしていた忍者・虎影(斎藤)が、愛する者を救うため命がけのバトルに挑む物語。鳥居はくノ一役を演じている。

斎藤を「妖怪壁ドン男」と呼ぶなど好き放題の鳥居だったが、「現場ですごく気を遣ってくれた」と斎藤の優しさに感謝しきり。「馴染めてないんじゃないかと思われて、クラスでいたじゃないですか。この子、仲間にいれてあげてみたいな。そういうふうに扱ってくれて。私、惨めでした」と鳥居節をお見舞いして、会場を笑わせた。

さらに鳥居は、「会費が3000円と言われて」と打ち上げでのエピソードを告白。「一万円しかないやと思って、お釣りをもらおうと思って一万円を出そうとした時に、斎藤工が『俺、一万円出します』って言ったの。そうしたら会費を集めている人に、『鳥居さんもいいんですか?ありがとうございます』って言われちゃったんだから!7000円!」と斎藤の男気のせいで、7000円を損したことを明かすと、またまた会場も大爆笑。「歩いて帰ったんだから!」というと、斎藤も「それはごめん」と謝罪していた。

斎藤は「西村組の鳥居さんを見てみたかった。鳥居さんにしか演じられないくノ一になった。素敵だった」と鳥居の演技を絶賛。また大ヒット舞台挨拶として、観客の前に立てたことについても「公開3週目で、ここが勝負の分かれ目です。こうやって関わった人間が直接届けるというのは、すごく健康的だなと思う。『虎影』もここからさらに挑戦していきますので、これからも見守っていただけたら」と感無量の面持ちでコメント。西村監督も「何回も観てくれているお客さんもいる。こういうことは初めてですごく感激しています」とうれしそうな笑顔を見せていた。【取材・文/成田おり枝】

関連作品

  • 虎影

    4.0
    0
    斎藤工主演、捕らわれた妻子を救うため強敵に戦いを挑む忍者の活躍を描くアクション
    Amazon Prime Video U-NEXT