竹野内豊、黒島結菜に「大人っぽくなった」と感慨深げ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
竹野内豊、黒島結菜に「大人っぽくなった」と感慨深げ

映画ニュース 2015/8/22 12:43

竹野内豊、黒島結菜に「大人っぽくなった」と感慨深げ

ユニークな家族ドラマ『at Home アットホーム』の初日舞台挨拶が、8月22日に新宿バルト9で行われ、竹野内豊、松雪泰子、坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗、蝶野博監督が登壇した。

本作では、生きるために犯罪で生計を立てるワケありの偽装家族を演じた5名のキャスト陣。一家の大黒柱、和彦を演じた竹野内は「ようやくこの映画を世に送り出せる時が来ました。こんなに朝早くから、たくさんの人に集まっていただき光栄です」と挨拶した。

撮影は1年前に行われていたため「久しぶりに会ったら、みんな随分成長してしまって…」と、子ども役のキャストを見回し感慨深げな竹野内。

「池田優斗くんなんて、身長も5センチくらい伸びたんだよね?散々『たかい、たかい』をしていたんですけど、今は無理かな(笑)」と、劇中さながらの父親らしい表情でニッコリ。

さらに黒島にも「しばらく見ない間に、大人っぽくなっちゃったね」と話しかけると、黒島は嬉しそうにはにかんでいた。

また、池田の誕生日にはサプライズパーティを行ったそうで「松雪さんには5000円分のプリペイドカードを貰いました!」と池田が明かすと、会場にはどよめきが。松雪は照れながら「ちゃんとお母様が一緒にいるときにお渡ししたんですよ?ゲームが大好きと聞いていたので、ゲームソフトが買えるカードを…」と慌ててコメント。

一方、竹野内には黒い帽子をプレゼントされたようで、「今でも被っています!」と可愛らしくアピールする池田を、他キャストと蝶野監督が温かく見守っていた。

終始、劇中に負けず劣らず“アットホーム”な一家の掛け合いを披露したキャスト陣。最後はやはり、一家の大黒柱である竹野内が「自分の進む道がわからなかった学生時代、映画をたくさん見て救われました。この映画も、そんな風に皆さんの心に響いてくれたら嬉しいです」と締めくくり、イベントは大盛況で幕を下ろした。【取材・文/トライワークス】

関連作品

  • at Home アットホーム

    3.7
    3
    空き巣泥棒の父親、結婚詐欺師の母親など、血のつながらない家族の絆を描く人間ドラマ
    Amazon Prime Video