ボイメン水野勝、勝負下着で気合い十分!「真っ赤なパンツ履いてきた」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ボイメン水野勝、勝負下着で気合い十分!「真っ赤なパンツ履いてきた」

映画ニュース 2016/2/16 20:00

ボイメン水野勝、勝負下着で気合い十分!「真っ赤なパンツ履いてきた」

山田悠介の小説を東海発のイケメン男性グループ・BOYS AND MENの水野勝主演で映画化する『復讐したい』(3月5日公開)の完成披露上映会が2月16日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、水野をはじめ、小林豊、田中俊介、勇翔、本田剛文、田村侑久、吉原雅斗、高橋メアリージュン、上野優華、室賀厚監督が登壇。水野が「勝負下着の真っ赤なパンツを履いて、気合いを入れてここに立っています!」と気合い十分に登場した。

本作は、一定条件下で被害者や親族による犯人への制裁を認める法案「復讐法」が成立した世界を舞台に、妻を失った男が復讐に乗り出す物語。水野をはじめ、BOYS AND MEN、通称ボイメンのメンバーが主要キャラクターを演じる。

水野は「一人の役者として、この役に挑戦したいという思いで始めた。それぞれが本気で挑戦したし、本気で観てもらった人に何かを伝えたいと思った。完成作にはその思いが絶対に乗っていると思う」と作品への真摯な思いを吐露。さらに「メンバーは家族みたいなもので、時間があるとわちゃわちゃしちゃうんですけど、それは『復讐したい』には必要ないと思った。裏でも距離をとるメンバーもいたし、『復讐したい』のために全身全霊をかけた」といつもは仲の良いボイメンだが、凄惨な復讐劇を体現するために、実生活でも距離を置くこともあったという。

しかしながらステージでは、水野のいう“わちゃわちゃ感”全開となったこの日。登場時の挨拶から田村はノリノリで、「バミリに名前が書いてあるんですけど、僕の名前が“村田”って書いてあります!」と、立ち位置を表すシールに“村田”と書いてあることを元気よく発表。

「法務局の役人という役で、普段僕はおちゃらけたところが多い人間なんですが、お芝居の中ではかっちりした人間らしい、人間を演じた」と自身の役柄を紹介したのが小林で、田村が「普段、人間じゃないみたいになっちゃいましたけど!」と突っ込むと、水野が「(小林は)モンスターっちゃあ、モンスターです」とにっこり。さらに田村が「メルヘン・モンスターです」と乗っかるなど、仲の良い様子をたっぷりと披露して会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】

関連作品

  • 復讐したい

    4.0
    0
    復讐が合法化された世界で妻の復讐を誓う男を描く山田悠介の小説が原作のアクション
    Amazon Prime Video U-NEXT