荒野の無頼漢(1970)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

荒野の無頼漢(1970)

1970年公開
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

数百万ペソの宝石をめぐって、政府軍と革命軍が激突するマカロニ・ウエスタン。監督はアンソニー・アスコット、脚本はティト・カルピ、撮影はステルヴィオ・マッシ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニが各々担当。出演は「真昼の用心棒」のジョージ・ヒルトン、チャールズ・サウスウッド、アガタ・フローリー、ロベルト・カマルディエルなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

革命軍に加わったアレルヤ(J・ヒルトン)は大将ラミレス(R・カマルディエル)を政府軍から救い出し、政府軍のつかわした密使から宝石を奪い、悪商クランツから新式のマシンガンをせしめようと目論んだ。しかし密使はすでに何者かによって襲われていた。僧服を着た悪漢どもの巣窟を襲ったアレルヤは宝石を頂戴したが全部偽物だった。クランツとの取引は美しい尼僧(A・フローリー)の奸計によって失敗、捕われてしまった。尼僧はアレルヤの宝石箱を盗み出そうとして捕まり、さそりの拷問にかけられるが、アレルヤに救われる。尼僧はアメリカの秘密諜報員だった。僧服の首領は実はクランツであり、彼はなんとか本物の宝石を手に入れんと秘密を握る尼僧に追手をかけた。クランツ一味に襲われた尼僧はロシアのプリンスと称する年若いコサック(C・サウスウッド)に助けられたが彼も実は大泥棒だった。アレルヤとコサックは同盟を結び、獅子奮迅の活躍でクランツ一味を倒した。残った偽物の宝石をブチわると輝くばかりの宝石が入っていた。

作品データ

原題
Mi Chiamano Alleluja
製作年
1970年
製作国
イタリア
配給
ヘラルド

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?