恋に死ぬまで:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恋に死ぬまで
恋に死ぬまで

恋に死ぬまで

公開日不明
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

かつて「蛇身の舞」に於て妖艶万人を悩殺し去ったイーフェン・アンデルゼン嬢の主演映画で、相手役たるヴェルナー・フンク氏は「マノン・レスコー」「恐怖の夜」等に渋いその妙技を振った人。熱情はしる恋語りである。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

画家ドルフ・フォン・フーヴェンはその総のモデルとしてある酒場の踊り子をやっていたニニを見出し、その肖像を描く中に彼女と恋を語る様になった。ニニにはルネという嫉妬深いアパッシダンスの相手男だった悪足がついていた。彼は一時監獄に入れられたが放免されると同時に二人に復讐を企てた。一方フーヴェンは伯母の財産を得る為に一時ニニを伴って伯母の許へ帰った。男に偽られたと誤解したニニは怒ってルネと共に彼を殺そうとしたが、計略は齟齬してルネの殺したのはフーヴェンではなかった。あくまでニニを恋しているフーヴェンは、伯母の死後、又彼女を訪れた彼は興奮の余り遂に理性を挫ぐ情熱に支配されて彼女を殺してしまった--同時に同じくニニに捨てられたルネの為に彼も刺されて死んでしまった。

作品データ

原題
The Apache Woman
製作国
ドイツ
配給
松竹
製作会社
ダイツ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?