メルシー・ラ・ヴィ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
メルシー・ラ・ヴィ
メルシー・ラ・ヴィ

メルシー・ラ・ヴィ

1991年7月27日公開、117分、ファンタジー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

疎外され打ち捨てられた青春の魂のオデッセイを、斬新なイメージでとらえた異色の青春映画。過去・現在・未来、異なる次元の映像をモノクロとカラーで交錯させたイメージの洪水が、青春の背負う歴史の重荷を表現する。監督・脚本は「バルスーズ」「美しすぎて」のベルトラン・ブリエ、撮影は「ディーバ」「テレーズ」をはじめ、最近では「リバー・ランズ・スルー・イット」などハリウッドで活躍中のフィリップ・ルスロ。主演のふたりの少女に、「なまいきシャルロット」「小さな泥棒」のシャルロット・ゲンズブールと、「幻の女」のアヌーク・グランベール。共演に、ジェラール・ドパルデュー、ジャン・ルイ・トランティニャン、ミシェル・ブラン、アニー・ジラルドとフランスを代表する名優たちがズラリと顔をそろえている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学受験を控えた娘カミーユ(シャルロット・ゲンズブール)は、花嫁衣装姿で海岸に倒れていた娘ジョエル(アヌーク・グランベール)と出会う。意気投合したふたりは反抗心と怒りにまかせて、奇妙な冒険の旅に出る。夜の街、幾多の男たち、家族、戦争、性と暴力、さまざまな人生がモザイクのようにフラッシュバックされ、幻想の世界へと足を踏みいれていくふたり。過去と現在と未来が錯綜する中で、カミーユとジョエルの虚実が明らかになっていくのだった。

作品データ

原題
Merci la vie
製作年
1991年
製作国
フランス
配給
ヘラルド・エース=ヘラルド
上映時間
117分
製作会社
シネ・ヴァルス=フィルム・パー・フィルム=オーリー・フィルム=DD・プロ=SEDIF=フィルムA2
ジャンル
ファンタジー

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?