忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ
忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ

忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ

1984年3月17日公開,52分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハットリくんとパーマンが、超能力者を集めて世界征服を企む悪人をやっつけるまでを描く。藤子不二雄の同名漫画のアニメ化で、脚本は「忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻」の桜井正明、監督は原田益次がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ケン一やケムマキたちが川っ原で遊んでいると、金髪の少女が逃げてくる。彼女の後を悪人が追いかけて来た。悪人のボス、サイコマンにあやうく少女は誘拐されそうになるが、シンゾウが泣きわめいたので敵は退散する。少女の名はユーリー、母をなくし、父と兄を探しているのだという。彼女は超能力者で、テレビの「超能力びっくりショウ」出演のために来日したのだった。テレビ局にユーリーとともにハットリくん、パーマンたちもついて行く。タンモリ司会のショウの途中で、サイコマンが現われ、出演者の超能力少年少女をさらってニューヨークにつれて行った。ケン一やハットリくん、ケムマキ、夢子ちゃん、パーマンたちもニューヨークへ。超能力を持つサボテンのトゲ次郎のおかげで、サイコマンたちのいるビルがわかった。サイコマンとその父ゲラーは超能力者のパワーを集め、それを武器に世界を征服しようとしていたのだ。みんなは力を合わせてサイコマンとゲラーと対決。サイコマンとゲラーは改心し、二人はユーリーの兄と父であることもわかった。

作品データ

製作年
1984年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
52分
製作会社
シンエイ動画=小学館=テレビ朝日

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?