ヴイナス戦記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヴイナス戦記

1989年3月11日公開,103分
  • 上映館を探す

近未来の金星を舞台に繰り広げられる戦争を描くSFアニメ。原作・脚本・監督は「アリオン」の安彦良和、共同脚本は笹本祐一、撮影監督は「魁!! 男塾」の玉川芳行がそれぞれ担当。主題歌は、柳ジョージ(明日への風)。リマスター版が2019年7月12日より福山駅前シネマモード(広島県)、ufotable CINEMA(徳島県)にて、8月16日よりキネカ大森にて劇場上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦二〇〇三年五月、金星(ヴイナス)は三〇〇〇年ぶりに巨大な氷惑星と激突し、炭酸ガスの厚いベールを剥ぎ取られた。やがて地表に酸性の海ができ、地球型の大気が満ちた。早速、金星の地球化と移民計画が着手され、二〇一八年=ヴイナス暦元年に第一次移民団がイシュタル大陸に入植した。しかし、金星の土地は意外にも不毛で、また人間達は争って土地を奪い合っていた。ヴイナス暦七二年金星はイシュタルとアフロディアの二大自治州によって分割統治され、第二、第三の移民団がやって来ていた。その中にインディペンデント通信社特派員、スウの姿もあった。その頃金星で人々が熱狂していたのはアフロディアの首都イオ・シティで行われていた過激なバイク・レース“ローリング・ゲーム”だった。バイク・チーム“キラー・コマンダー”はクィーンのミランダをリーダーに、ヒロ、ウィル、マギーが活躍していた。ある日レースの途中で、いきなりイシュタルの重戦車“タコ”数百両が襲ってきた。イオ・シティは占領されてヒロ達は迫害を受けていたが、ついにキラー・コマンダーの若者達はレジスタンスに立ち上がった。ヒロの危機を救ったアフロディア軍遊撃隊HOUND隊長のカーツ大尉は、彼に特殊なバイク兵器“HOUND”を与えた。不安と絶望の中でヒロ、マギー、ミランダ達は戦火へ巻き込まれていったのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?