ゴト師株式会社スペシャル 警視庁防犯課第5104号事件|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴト師株式会社スペシャル 警視庁防犯課第5104号事件

1995年9月9日公開,94分
  • 上映館を探す

パチンコの裏技=ゴトを駆使して業界の悪に立ち向かうゴト師株式会社の活躍を描いたシリーズの第4弾。今回は、リーダーの君島と業界の監督官庁との戦いを描く。監督は「ゴト師株式会社II」の後藤大輔。原作は『漫画パチンカー』連載の、下田一仁原作・佐原充敏作画の 『ゴト師株式会社』。主演は「さよならニッポン!」の根津甚八と、「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」の島田陽子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

君島をリーダーとし、博士、情報屋、工事屋、マサル、ユミのメンバーからなるゴト師株式会社の面々は、ゴトを駆使して悪徳ホールを退治し、また優良パチンコ店を食いものにする中国人ゴト師を追い払っていた。依頼主からの支払いは、君島が経営するギャラリーを通し絵の売買の形で行なわれる。君島たちが潰してもなおまかり通る違法行為に対し、パチンコ業界の監督官庁である警察庁が動き始めた。警視庁生活安全局に着任した女捜査官・天地猟子は、まず君島と接触し管轄内で動かないように警告する。しばらくして、先頃君島に仕事を依頼したホールの店長・金田が撃たれる事件が起こり、金田は君島が犯人だと証言する。君島には、何者かに仕組まれたニセの絵画取り引きで出張していたためアリバイがなかった。取り調べから戻った君島は、ゴト師株式会社に対する警察の陰謀だと言って、パチンコ・チェーン店にゴトを仕掛け、権力と対決するようメンバーに命じる。メンバーによる大々的なゴトは成功するが、この時の君島は、天地の配下であるにせ者だった。金田を撃ったのは天地の本意ではないが、メンバーのゴトを通じ悪徳ホールを摘発する計画だったのだ。だがそれも、警察出身の官僚・藤田の業界癒着の一環として行なわれており、自分も藤田の手駒にすぎないと天地は知る。天地はいまだ取り調べが行われている本物の君島と対面し、父親の思い出を語りながら自分は負け犬にならないと虚勢を張った。釈放された君島は、金田の入院先でニセ君島と出くわし挑戦を受ける。誤認を謝罪しながら死んでいった金田のためにも、君島は権力に挑んだ。君島らは二重の仕掛けを施して天地らを迎え、藤田がテレビ番組で生出演するパチンコ店をパニックに陥れた。そこへニセ君島が現われ、君島と大乱闘になる。やがてニセ君島は天地に逮捕されるのを装って現場を離れるが、今度はそれが本物。君島は車に捕えておいたにせ者を材料に天地と取り引きをするのだった。

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
パル企画
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?