ジェファソン・イン・パリ 若き大統領の恋|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェファソン・イン・パリ 若き大統領の恋

1998年4月25日公開,140分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカ合衆国第3代大統領トマス・ジェファソンのパリ公使時代の知られざる愛を描いた大河ロマン。監督は「ハワーズ・エンド」「サバイビング ピカソ」の名匠ジェームズ・アイヴォリーで、脚本は製作のイスマイル・マーチャントと共に彼とのコンビで知られるルース・プラヴァー・ジャブヴァーラ。撮影はピエール・ロム。音楽はリチャード・ロビンズ。出演は「狼たちの街」のニック・ノルティ、「ザ・プレイヤー」のグレタ・スカッキ、「大いなる遺産」のグウィネス・パルトロウ、「グリッドロック」のタンディ・ニュートンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

18世紀末、パリ。ジェファソン(ニック・ノルティ)は長女パッツィ(グウィネス・パルトロウ)を伴い、米国公使として同地に赴任。2年前に妻を亡くして傷心の彼だが、時はルイ16世の御代、ヴェルサイユ宮殿での華やかな宴、そして自由主義者ラファイエット侯爵(ランベール・ウィルソン)との交流で出会ったマリア・コズウェイ(グレタ・スカッキ)、そして愛らしい黒人奴隷サリー(タンディ・ニュートン)との交際が彼の心に安らぎを与えた。だが、サリーとジェファソンの情交を知ったマリアは彼の元を去る。1789年フランス革命の日。帰国を命じられたジェファソンはサリーから子供を妊娠したことを告げられ、彼女と生まれくるわが子を自分が死んでから解放することを約束したのだった。

作品データ

原題
Jefferson in Paris
製作年
1995年
製作国
アメリカ
配給
コムストック
上映時間
140分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?