ブラック・マスク 黒侠:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ブラック・マスク 黒侠
ブラック・マスク 黒侠

ブラック・マスク 黒侠

1999年2月6日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ブラック・マスクと呼ばれる正義のヒーローの活躍を描く近未来アクション。監督はダニエル・リー。製作は「ノック・オフ」「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー スーシン」のツイ・ハーク。製作総指揮は「ゴッドギャンブラー 完結編」のチャールズ・ヒョン。美術は「夜半歌聲 逢いたくて、逢えなくて」のエディ・マと「ブレード 刀」のビル・ライ。アクション監督は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝 アイアンモンキー」のユエン・ウーピン。出演は「リーサルウェポン4」のジェット・リー(リー・リンチェイ)、「男たちの挽歌4」のラウ・チンワン、「食神」のカレン・モク、「レッド・ブロンクス」のフランソワーズ・イップほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

近未来の香港。改造手術と洗脳。を施された無敵の戦士による特殊部隊“701部隊”はその存在を恐れた政府によって抹殺を図られたが、一部の者は逃れた。生き残りの一人、チョイ・チク(ジェット・リー)は図書官員になっていた。そんなある日、香港で4大マフィアが何者かに殲滅される。チョイのなじみの香港警察のシェク警部(ラウ・チンワン)が捜査に乗り出し、マフィア組織で生き残ったキン・カウ(アンソニー・ウォン)の元へ向かうが、そこを敵の一団が急襲。そこに全身黒ずくめの謎の男が現れ、シェクを救出。その正体はチョイ・チク。その夜以来、彼は正義の人ブラック・マスクとして活動を始めた。彼は謎の敵が過去の自分と同じ“701部隊”の生き残りの隊長(パトリック・ロン)に率いられる一団と知る。一味の中にはかつて教官だった時代の教え子ユーラン(フランソワーズ・イップ)の姿もあった。ユーランに正体を知られたチョイは危険を感じて図書館を辞めるが、敵の襲撃を受け、かねて彼に興味を抱いていた同僚のトレイシー(カレン・モク)を巻き込んでしまう。トレイシーをひとまずアジトに軟禁したチョイだが、そこをユーランが襲う。チョイは刺されて重傷を負うが、とどめをさせなかったユーランは隊長に抹殺された。トレイシーの看護で甦ったチョイは隊長らが警察署の地下をアジトにしていることをつきとめ、敵地に乗り込み、隊長と死闘を繰り広げ、見事敵を殲滅するのだった。

作品データ

原題
黒侠
製作年
1996年
製作国
香港
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
99分
製作会社
電影工作室(フィルム・ワークショップ)作品(永盛娯楽製作有限公司=ウィンズ・エンターテインメント提供)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

「ブラック・マスク」の映画