タロス・ザ・マミー 呪いの封印|MOVIE WALKER PRESS
MENU
タロス・ザ・マミー 呪いの封印
タロス・ザ・マミー 呪いの封印

タロス・ザ・マミー 呪いの封印

1998年公開,120分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現代に甦ったミイラ男の恐怖を描くホラー。監督は「ハイランダー」(シリーズ、3作)「スナイパー 狙撃者」のラッセル・マルケイ。脚本は原案をキース・ウィリアムスとマルケイがあたり、マルケイと「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のジョン・エスポジートが担当。製作は「ボーン・ダディ」のシルヴィオ・ムラグリア、「アサシン」のダニエル・スレザック、ジェフリー・ホワイト。製作総指揮はトム・リーヴ、ロメイン・シュローダー。撮影は「K2 ハロルドとテイラー」のガブリエル・バースタイン。音楽はステファーノ・マイネッティ。美術はブライス・ウォムスリー。編集はアーメン・ミネイシアン。SFXは「ウィッシュマスター」のKNBエフェクツ(ロバート・カーツマン、グレッグ・ニコテロ、ハワード・バーガー)で、視覚効果を「スフィア」のウィリアム・メサが担当。出演は「ジャングル・ブック」のジェイソン・スコット・リー、「ウィッカーマン」のクリストファー・リー、「エンジェルス」のルイーズ・ロンバート、「イベント・ホライゾン」のショーン・パートウィー、「ジキル博士はミス・ハイド」のリセット・アンソニー、「GODZILLA ゴジラ」のマイケル・ラーナー、「シャイニング」のシェリー・デュヴァルほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンドン。人間の臓器がえぐり出される猟奇殺人が続発。捜査にあたった刑事ライリー(ジェイソン・スコット・リー)は事件の背後に古代エジプトの王子タロスをめぐる謎があることを知る。1948年、考古学者タークル助手博士(クリストファー・リー)はタロス王子の墳墓を発見。だが、呪いの言葉を見つけた彼の制止もきかず、墓の呪いの封印が解かれ、発掘隊は全員死亡。50年後、タークルの孫娘サム(ルイーズ・ロンバート)と助手のブラッド(ショーン・パートウィー)がタロス王子の棺を発見し、大英博物館に持ち帰るが、7カ月後、遺骸布が何者かに盗み出された。それ以後怪事件が発生していたのだ。サムの元にはブラッドから「黙示録の十字架の日にタロスは復活する」という謎のメッセージが届く。その復活を阻止すべく霊媒師イディス(シェリー・デュヴァル)に彼は協力を求めていた。いっぽう、ライリーはサムと知り合いひかれあう仲となる。だが、その間にも運命の復活の日1999年8月18日は目前に迫り、ライリーは邪悪なる存在と死闘を繰り広げるのだった。

作品データ

原題
Talos the Mummy
製作年
1998年
製作国
アメリカ
配給
ジェイ・シー・エー配給(マクザム=ジェイ・シー・エー提供)
上映時間
120分
製作会社
カルーセル・ピクチャー・カンパニー作品(ムラグリア-スレイダー・プロ提供/製作協力*ヴォヤージュ&インペリアル・エンターテインメントグループ=KNB EFXグループ)

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?