スリーピー・ホロウ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スリーピー・ホロウ

2000年2月26日公開,111分
  • 上映館を探す

伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官の姿を描くゴシック・ホラー。監督は「マーズ・アタック!」のティム・バートン。原作はワシントン・アーヴィングの古典『スリーピー・ホローの伝説』(新潮文庫『スケッチブック』収録)。脚本は「8mm」のアンドリュー・ケヴィン・ウォーカー。撮影は「ジョー・ブラックをよろしく」のエマニュエル・ルベツキ。音楽のダニー・エルフマンはバートン作品の常連。出演は「ノイズ」のジョニー・デップ、「バッファロー'66」のクリスティーナ・リッチ、「フューネラル」のクリストファー・ウォーケン、「カンザス・シティ」のミランダ・リチャードソンほか。クリストファー・リー、マーティン・ランドー(クレジットなし)が特別出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1799年。ニューヨーク北方の寒村スリーピー・ホロウで首なし連続殺人事件が発生。科学捜査に賭ける下級巡査イカボッド(ジョニー・デップ)は事件の捜査のため同地に派遣され、宿を提供した大地主バルタス(マイケル・ガンボン)ら村の長老から、南北戦争時に悪名を馳せた首なし騎士(クリストファー・ウォーケン)が殺人を続けていると聞かされる。にわかには信じがたい話だったが、首なし騎士はイカボッドの前に姿を現して村の重役連を血祭りにあげていく。一度はおじけづく彼だったが、バルタスの娘カトリーナ(クリスティーナ・リッチ)と殺された父の復讐を誓う少年ヤング・マスバスの協力を得て首なし騎士を探すべく、森へ踏み込み、ついにその棲み家である怪木を発見。イカボッドは誰かが騎士を操り、特定の人間を殺していると推理した。調べを進めるうちにバルタスが村の長たるヴァン・ギャレット家の遺産を狙っていたことを知るが、その彼もカトリーナの前で殺された。カトリーナは気絶するが、床には魔術の“呪いの眼”が書かれていた。イカボッドは彼女が犯人だと思い、村を立ち去ろうとする。だが、真犯人はバルタスの後妻ヴァン・タッセル夫人(ミランダ・リチャードソン)だった。かつて村民に村を追われた魔女の娘である彼女は、首なし騎士を利用して復讐の機会をうかがっていたのだ。かくして真相を突き止めたイカボッドはカトリーナを救出し、夫人ともども首なし騎士を地獄へ送り返して事件を解決するのだった。

作品データ

原題
Sleepy Hollow
製作年
1999年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン提供)
上映時間
111分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • daydream_h

    4
    2018/9/15

    美しいゴシックホラー、チープなCG、ヘタレ可愛いジョニー・デップ、一番綺麗な時のクリスティーナ・リッチ。デュラハンがモチーフなのかなと。科学捜査と言っても、現代から見たらまだまだ怪しげな感じ。 ティム・バートンもこれくらいなら見やすい。 

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • oma

    3
    2012/11/22

    まさに、「ジョニー・デップ×ティム・バートン」って感じの映画だった。
    世界観がとてもおもしろかったし、
    テンポの良さもあって、観てて疲れない感じ。

    でも、誰が犯人か、推理したかったな。
    展開が早かったから、
    気がついたら、犯人がわかってしまった!

    満足なんだけど、なんかちょっと物足りない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • COЯVIA

    5
    2012/11/8

    BL‐Dを買いなおそうかと思うぐらい面白い作品。騎士カッコいい…!!!もうそれしか出ない…!!首あったほうが残忍そうでカッコいい…!ラストは優雅に冥府に走り去る姿もカッコいい…!あとイカボットの検死器具がなんか素敵。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告