ごくらく珍爆弾|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ごくらく珍爆弾

1950年7月11日公開,74分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ローレル&ハーディの極楽シリーズ第5作。脚本はスコット・ダーリングが執筆。製作はソル・M・ワーツェル、監督はマルコム・セント・クレア、撮影はジョー・マクドナルド、音楽はエミール・ニューマンが担当。出演はスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディ、ドリス・メリック、アーサー・スペイス、ジャック・ノートンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

L.A.の発明家ハートリーは世界一の超高性能爆弾を発明したが、スパイが狙っているのを知り、探偵を雇う。その探偵はローレルとハーディという名の即席の探偵たちで、ハートリーの家へ現れるなり失敗の連続だ。政府から爆弾を持ってワシントンへ来いと呼び出しが来て、この二人組探偵は徹夜で爆弾を見張る。そこへスパイが侵入するが、ハートリーはニセ爆弾を二人に持たせて先発させ、スパイはまんまとその後を追う。しかし、ニセ爆弾と思って二人に持たせたのは、本物の爆弾だった! そうとは知らない二人組は、首尾よくスパイをまき、爆弾はゴム玉だと思ったまま、のんびり汽車の旅を続ける。途中、ハートリーから電報で事の次第を知らされ、冷や汗をかくのだった。乗換駅でまたもやスパイに発見され、慌てて小型飛行機に隠れるが、自動操縦仕様の飛行機は空中に舞い上がり、危ないところでパラシュートで脱出する。下には海が広がり、敵国の潜水艦が走っている。潜水艦を狙って投下した爆弾は見事に命中して、二人は凱歌を上げながら大海原へ降下していった。

作品データ

原題
Big Noise
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
74分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?