破片のきらめき 心の杖として鏡として:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
破片のきらめき 心の杖として鏡として
破片のきらめき 心の杖として鏡として

破片のきらめき 心の杖として鏡として

2008年12月13日公開,80分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

精神科病院を舞台に、“病んでいる”と言われている人々が、芸術活動を通して自身と向き合う姿を真摯に捉えたドキュメンタリー。彼らの作品と生きる姿を通して“生きる”とは何かを問いかける。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

精神科病院の一角にある造形教室に集い、様々な困難を抱えながら表現活動を行う人達がいる。アートセラピーや芸術療法と一線を画するその営みの中から、自らを癒し、互いに支えあう仲間達の姿が見えてくる。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
心の杖として鏡として製作委員会
上映時間
80分
製作会社
心の杖として鏡として製作委員会

[c]2008 心の杖として鏡として製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?