人類SOS!:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
人類SOS!
人類SOS!

人類SOS!

1963年9月4日公開、93分、SF
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

突然この地球上に歩く植物が生まれ、人間やほかの動物を殺して食べるという奇想天外なSF小説、ジョン・ウィンダムの『トリフィドの日』を「エル・シド」のフィリップ・ヨーダンがシナリオを、特撮にウォリー・ビーヴァーズ、撮影はテッド・ムーア、監督はテレビ出身のスティーヴ・セクリー。「機甲兵団」のハワード・キールと「戦塵」のミコール・モーレイが主役を演じ、「悪魔の弟子」のジャネット・スコット、「紳士同盟」のキーロン・ムーア、また英国で第2のヘイリー・ミルズとして評判の高い子役のジャニナ・フェイが出ている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、地球に激しい流星の雨が降り注ぎ、その閃光を見た者は大部分目が見えなくなった。またトリフィドという珍しい植物が突然成長を始めた。しかも、根のような足を地中から引き抜くと歩き始めたばかりでなく、人間さえも食うのである。アメリカの船員メイソン(ハワード・キール)は目に繃帯をして入院中だったのでその難を逃れることができた。町中は盲人で大混乱、その中で珍しく目の見える少女スーザン(ジャニナ・フェイ)を助けると、街に乗り捨てられた車でロンドンを離れた。また、人里離れた海岸の灯台で生物学者トム(キーロン・ムーア)と妻のカレン(ジャネット・スコット)もラジオを通じて、世界のほとんどの者が盲人になったこと、人間を食う植物の出現の噂を聞いていたが、この奇妙な植物の異常な繁殖力は灯台にまで及び、幸いにトムの激闘で撃退した。そして研究材料として彼らを絶滅させる方法を考えた。一方無人のパリを通って南フランスへ差し掛った2人は広壮な邸宅の女主人デュランド(ニコール・モーレイ)と出会う。流星を見なかった健全な目を持つデュランドと、友人のコッカー教授(マービン・ジョーンズ)は、盲人となったディランドの令嬢(アリソン・レガット)や邸宅で働いていた者たちの世話をしていた。メイソンは彼らに身の危険を説いたが、デュランドは盲人たちを置き去りにできないと同行を断った。この間にもトリフィドは驚異的に繁殖し、ついにコッカー教授や令嬢もその犠牲となってしまった。邸宅から逃げ出したメイソン、スーザン、デュラントの3人は、遂にアメリカ海軍基地にある潜水艦の出発に間にあうことができた。その頃、灯台の2人にも危険は迫っていた。トリフィドの大群は室内に雪崩込み、トムとカレンは灯台の頂上に追いつめられた。彼は咄嗟に消火用の海水をかけた。すると意外なことに怪物が溶け始めたのだ。海水でこの恐るべき怪物を殺すことができたのだ。人類はようやくトリフィドの脅威から逃れることができたのだった。

作品データ

原題
The Day of the Triffids
製作年
1963年
製作国
アメリカ
配給
アライド・アーチスツ映画
上映時間
93分
製作会社
セキュリティ・ピキチュアズ映画
ジャンル
SF

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?