攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D|MOVIE WALKER PRESS
MENU

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

2011年3月26日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『東のエデン』の神山健治監督、プロダクション I.G制作による大ヒットシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の3作目に当たる同名オリジナルビデオを3D映画化。少子高齢化などの社会問題を織り込んだ綿密なストーリーを格式高い映像美でつづる。劇場公開にあわせ、新たなオープニングが追加された。

予告編・関連動画

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦2034年。“梵”の刺青をした男たちが相次いで自殺を遂げた。公安9課のバトーは、事件の裏に軍事独裁国家シアク共和国の存在を突き止める。時を同じくして、人質を取り空港に立てこもっていた同共和国のカ・ゲル大佐が、謎の言葉を残して自殺。やがて、一連の事件を背後で操るハッカー“傀儡廻”の存在が浮かび上がる。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
Production I.G=ティ・ジョイ
上映時間
108分

[c]2011 士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2011/4/11

    実写ドラマと比較しても、海外の刑事モノに全くひけをとらない良質なドラマ。日本の実写映画の水準を超えた丁寧な脚本。SFアニメと侮るなかれ。 本作でも、これまでの甲殻機動隊シリーズと同じく、人間の脳がコンピュータ・ネットワークと直接交信する(逆に言えば自分の意識も記憶もコンピュータにハッキングされる危険が伴う)電脳化社会を舞台にしているが、ストーリーは、高齢化(単身高齢者激増)少子化、児童虐待、外国人労働者、といった、現在の日本に実在する問題の延長線上で描かれているのでリアリティがある。唯一SF的(というより電脳化社会ならでは)だったのは、ラストで明らかになる犯人像(個人の意識が個人を離れて一人歩き)。けれどこれも、ソーシャルメディアが更に普及すれば現実になるかも知れない。 劇場版「甲殻機動隊」シリーズに共通した傾向として、物語の設定をあまり詳しく説明しないので、SF慣れしていない観客には分かりにくそうな場面も多いので、事前にパンフレットを買って予習した方が良いかも?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/4/8

    元動画が有る物の劇場版なので衝撃的新鮮さは無いものの、いつもの「攻機」で安心して?見ることができる。しかし3D化は疑問。元来、攻機の画はシャープな陰影の効果を最大限に活かし、2Dで充分な立体感を生み出している。その為、今回の3D画は箱舞台で紙人形を動かしているような“立体紙芝居”的に見える場面が多数見られた。今後は寧ろ更に繊細でシャープな動きの早い2D画を期待したい。 但し、タチコマだけは今回イケてたと思う。 さてさて、素子の意識(自我)はどこまで分化し独自化し、“人形”と共に抗い続けるのか、この先が楽しみになるラストだった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告