英雄の証明|MOVIE WALKER PRESS
MENU

英雄の証明

2012年2月25日公開,123分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役で知られるレイフ・ファインズが映画監督に初挑戦。みずから主演も兼任し、シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」を現代に甦らせる。ジェラルド・バトラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴほか演技派キャストの重厚な演技と、緊張感あふれるストーリー展開から目が離せない。

予告編・関連動画

英雄の証明

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コリオレイナスことケイアス・マーシアスは、ローマ市民の誰もが恐れる高名な将軍だった。野心的で過保護な母親ヴォラムニアの希望で執政官選挙に出馬した彼は、民衆の支持が得られぬことに激怒。ますます激しい反感を買い、ローマから追放されてしまう。復讐を誓った彼は、宿敵オーフィディアスと手を組むことを決意する。

作品データ

原題
Coriolanus
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
イギリス
配給
プレシディオ(協力 ハピネット)
上映時間
123分

[c]Coriolanus Films Limited 2010 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.5
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2012/2/25

    生粋のイギリス人。G.バトラーやB.コックスはscothishsであるが、V.レッドグレーヴという大御所を用意し、かなりのイングランド軍で固めました。シェイクスピアはアメリカ人にはやらせねぇという意気込みを感じる。ふと原題Coriolanusで思い出す。
    かつて彼はこの舞台で来日していたではないかっ!しかも見たではないか!調べるとバトラーもこのシェイクスピア作品を舞台で演じているんですね。
    現代に置き換えても、発する言葉はシェイクスピア。暴言でも美しく様変わりする。これそシェイクスピアワールド。R.ファインズがいかに彼を尊敬し、愛しているかわかります。そのため、バトラーの影がものすごく薄い。マシンガン・プリーチャーも無骨な感じの男だったんだが(彼の十八番?)、ほぼR.ファインズにフォーカス。唯一目を見張るのは彼とV.レッドグレーヴの英国対決だ。本当にこの場面は他と全然違う。空気が違う。ものすごい緊張感。この部分だけでお金は取れる。
    きちんとシェイクスピア読み返したくなりました。東京で見たのだが、こういうのはキャパ数少ない単館で上映がbetterでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/2/15

    台詞回しや政治感や考え方がシェイクスピアの時代の物だから。

    何でコレを現代に置き換えながら現代風な台詞や政治に置き換えなかったのか・・
    何か、レイフ・ファインズの思いつきにGerryたちがつき合わされている・・?って感は有るんだけど、基本的にシェイクスピア劇は嫌いでないので、しかもその世界観は嫌いじゃ無いので、私は、まぁ、見られました。
    こう言う世界の母親の扱いが好きよ。
    現代モノだと軽んじられているけど。

    戦うGerryが格好良いのは勿論、役者たちが皆上手いから見ごたえあるし。

    そして、試写が終った後ろの席で、「シェイクスピアっていつの時代の人・・?TVとか有ったのかな?」と言っている人が居て、驚愕したのですが、そう言う人にシェイクスピアの名前を知らしめる・・と言う意味合いでは充分その責任を担ったのではないかと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告