ブリングリング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブリングリング

2013年12月14日公開,90分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハリウッド・セレブの豪邸に侵入しては窃盗を繰り返すというティーンの男女が巻き起こした実在の連続窃盗事件をベースにした青春ドラマ。『SOMEWHERE』のソフィア・コッポラ監督が、ふとしたことから犯罪に手を染めていく若者たちの姿と、現代社会の問題を独自の視点で描き出す。エマ・ワトソンはじめ若手実力派の共演にも注目だ。

予告編・関連動画

ブリングリング

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

前の学校を退学し、1年間の自主学習を経て、新しい学校へ通うようになったマークは、唯一優しい声をかけてくれたレベッカと意気投合する。ある日、インターネットでパリス・ヒルトンがベガスでパーティをすると知った2人は留守となったパリスの自宅に侵入。その後、仲間を加え、5人でセレブの留守宅への侵入と窃盗を繰り返すように。

作品データ

原題
The Bling Ring
映倫区分
R15+
製作年
2013年
製作国
アメリカ フランス イギリス 日本 ドイツ
配給
アークエンタテインメント=東北新社(提供 東北新社)
上映時間
90分

[c]2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/1/25

    遊び感覚でセレブ宅に侵入し窃盗を繰り返し..................被害総額3億円!?
    やっぱセレブ宅はすごいよね~ぇ。ゴージャスすぎ!!
    今回、実際に被害に遭ったパリス・ヒルトンが自宅を撮影場所に提供しているのがすごい!!

    外国って普通の家でも結構アラームが鳴るように設定されてるけど、セレブ宅はそういうことしないの?
    警備もいないし、その地区の警備みたいなのもない。
    それじゃ~ぁ平気で外部から入り込めちゃって.......................あまりにも無防備!!
    そんなに簡単に泥棒には入れちゃうんなら、本当の泥棒さんはなぜ入らないのって感じ!?

    はじめにセレブ宅に侵入して大金も手にしたわりには、ショッピングに行った服屋さんはなんだか庶民的!!
    安っぽさも感じられた。
    しょせんゴージャスすぎるものは彼女たちには合わないってこと???

    若者たちは泥棒・クラブ・パーティーを行ったり来たりで........................10代の有り余るパワーもどこにぶつけていいかわかんないって感じ!?
    それにしても後先も考えず、思うがままにやりたい放題ではちゃけすぎ!!

    この映画はニッキーが主人公みたいだけど、なんかケイティ・チャンの方が主人公っぽい。
    でもかわいい..........、エマ・ワトソン。
    ドキュメンタリー形式ではないが、時折実際の映像も流れる。
    それにしても、これにかかわった若者たちはちっとも反省してないような..............。
    ちょっと怒りも覚えた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/1/9

    全然罪の意識が無いんですね。

    相手がセレブだからなのかな。
    だけど誰だって自分の知らない間に他人が家に侵入して居たら気持ち悪いよね。

    セレブが遠い存在に感じられないのかもしれない。
    それなりに裕福て、可愛くて、若い。それだけで天下だもんね。

    それにしたって、顔を隠す訳でも、手袋をする訳でもなく、あまりに安易でおバカすぎるように思えるんだけど。

    そしてしたたか。
    誰かちゃんと躾けて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2013/12/26

    大胆不敵。考え方も、やることも、後先考えない。未来はバラ色に満ちている。

    彼女たちの行動以前に、セレブたちの浅はかな警備体制。玄関マットに鍵。アラーム警報もなし。
    物がたくさんありすぎて、ブリングリングの彼女たちだって、ごっそりではなく、ちょろちょろっと盗む。きっとセレブはだだっ広い邸宅の中のどこかにあるだろう…とか思ってしまうんでは?

    P.ヒルトン、被害にあったせよ、撮影に部屋貸したと聞くが、あれそのものだったら、ヤバい。どれだけ、自己陶酔強いんでしょうか。まぁ。ある意味幸せです。

    強盗たちが、貧乏ではない家庭であるのは一目瞭然。強盗するというスリル。現実の辛さとか、生まれて感じたこともない、ただただ、ぬるい人生に刺激が欲しい。1度成功したなら、次回もできるという傲慢な自身で、まるで友達の家に行くが如く、強盗。すんなり入ったら、もう試着会。きゃぁきゃぁ言って、強盗とは似ても似つかぬ。でも実話。
    で、いよいよって時になったら、泣くとか?でもインタビューとかで語る彼らは、全く反省もとより、自分たちがしたことに何も思っていらっしゃらない。セレブも、盗まれたからと言って、人生の危機とも思っていないのでしょう。

    物の価値が歪む。物や情報が溢れたことから発生した事件とも言える。薄っぺらい。彼女たちの将来ってどうなるんですかね。このことも、自分たちの人生を語る華の一部に化すのではないか。

    レベッカは親切だけど、親友には危ない。サムやニッキーは高校生の考えど真ん中であり、クロエは一瞬、スマートな子ですが、何にも関心なさそう。マークは女子ばかりと一緒で、悪くないけど、やはりずれてる。今時の高校生ってこんなもの?

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    2.0
    2013/12/23

    ソフィア・コッポラ監督ってことで期待しました。
    この事件をどのような切り口で見せてくれるのか・・・
    う~ん、どうでしょう。。。
    ただの若者ドラマになっちゃってます。
    ふつうの若者ドラマに見えちゃいます。
    もっと何か考えさせられるものがあるのかと…
    バカな若者がセレブの家に泥棒に入って
    キャーキャー喜んでるっていう域から出てきません。
    僕の見方が悪いのかな。。。

    違反報告