るろうに剣心 伝説の最期編のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

るろうに剣心 伝説の最期編のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2014年9月13日公開,135分

ユーザーレビュー

4.5
  • rikoriko2255

    kro

    3.0
    2021/5/5

    もうちょっとだったんだけどな。

    あの複雑で難しいところを強引にまとめたにしては上出来

    最後のアクションシーンは、クドいし、よってたかって感が凄い。ここで大きく減点した。

    あと集団チャンバラ合戦は好きじゃない。

    でもこの内容を2本にまとめたのと藤原竜也の演技には拍手もの

    違反報告
  • rikoriko2255

    ねこ

    5.0
    2021/4/22

    アクションが速すぎて、コマ送りしたくなりました。新作に向けて気持ちが高まります。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゲンヘイレン

    3.5
    2021/4/17

    シリーズ3作品、3週間限定上映!

    違反報告
  • rikoriko2255

    ジュリアン

    3.7
    2021/2/9

    圧巻のアクション!
    漫画はよく知らなかったけど、惹き込まれました。

    前作から引き続き、バットマンとベインの対決みたいだな…と思いながら、ラストは4対1になっていたのがツボでした。蒼紫がギャグみたいに突然出てきて、ちょっと笑ってしまいました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2014/9/23

    前作の京都大火編ではチャンバラシーンが少なくその他のアクションも割と普通だったのが残念でしたが、今回は、劇場版一作目で印象的だった、日本映画の定石を破りまくった(形もスピードも)チャンバラが、冒頭と終盤でたっぷり楽しめます。

    それから、出演者の存在感も見所。主要キャストの(特に男)がみんな「濃い!」キャスティングも良かったんでしょうが、役者陣のベクトルを揃えてハイテンションを維持したスタッフの力量も、並大抵ではない印象。

    この勢いで、時代を遡った、定石破りの時代劇も演ってほしいですね。

    生き残った”侍”達と、国家権力との対比も、リアルでいいです。無敵に見えた志々雄の軍鑑の最期が、象徴的。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2014/9/19

    もちろん主役は佐藤健で、彼に関しては他の方にお任せします。むしろ他の人の方を・・・。
    福山雅治も凄くて。この人は知的なインテリの役が多かったですが、こういうワイルドな役も良いですね。特に佐藤健の師匠という役柄なので、とにかく圧倒的に強くなければならない。特撮もあるでしょうが、うまく演じていました。
    そして藤原竜也。この人はデビュー以来、エキセントリックな役どころが多いですが、特にこの志々雄は凄いですね。
    このお話は若者の成長と父殺しという『スターウォーズ』の物語がベースとしてあるので、どうしても悪役は「ダース・ベイダー」にならざるを得なく、よって仮面(この場合は包帯)の装着となる訳ですが、その目元と口元しか見えないハンディの中、良く我々を魅了してくれました。これは女性ファンにとっては、誠に残念だったと思います。
    しかしこの志々雄、強いですね。4人の主役級の役者が束になってもかなわないんですから。最強のタイトルはこの人でしょうね。
    そして、小澤征悦。この人の演技ももちろん見ていますが、今まで感心するところまでは行っていませんでした。しかしこの伊藤博文は凄いです!
    名優とは、顔の皺ひとつで演技できなければならない、と言ったのは、誰か分かりませんが、そういう感じです。最後の「敬礼!」には涙が出ます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/9/15

    【賛否両論チェック】
    賛:日本映画の枠に収まらない、類まれにみる壮絶な殺陣が見事。特にラスト40分は、息もつかせぬ怒涛のアクションの連続に圧倒される。
    否:原作とは描写面でかなり異なるので、好みは分かれるところ。上映時間も長いので、集中力を維持するのが大変。前作の知識も必須。

     単純に「アクションがスゴい」という言葉では片付けられないような、他では観られないくらいの超ド級のアクションに、思わず息を飲むこと必至です。原作に負けず劣らず、幕末最強の剣客・緋村剣心の魅力が存分に出ています。そして、クライマックスの怒涛のノンストップアクションは、観る者をこれでもかと圧倒すること間違いなしです。ただ、やはりそこは実写なので、原作とはかなり違う技・描写・展開であるのもまた事実。原作派にとっては、若干物足りないラストかも知れません。
     それでも、「日本映画の歴史が変わる」との触れ込みに違わない、圧倒的スケールの映画です。上映時間もメッチャ長いですし、グロシーンも当然沢山ありますが、是非是非前編から通して、映画の世界観を堪能していただきたい、そんな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    5.0
    2014/9/13

    前編「るろうに剣心 京都大火編」は素晴らしく気に入り、18回(プレミア試写会を含めると19回)もはや台詞も言えるほど鑑賞。
    後編に期待が高まるばかりでした。
    監督や役者さん達のパワーは、決して私を裏切らないだろうと前編で確信していましたが、これほど凄いとは!
    無駄な映像は無かった。
    闘う意味などないと解るため、闘う意味があった。
    闘いの中に人の心があった。
    新時代と幕末との戦い…切なくて哀しかった。
    剣の心…何度鑑賞しても台詞では語れないでしょう。

    エンドロールにエキストラさん達の名前が刻まれているのを見て、関わった方達の作品への愛を感じました。

    上映後の舞台挨拶に登壇した、佐藤建さん、武井咲さん、伊勢谷友介さん、青木崇高さん、神木隆之介さん、江口洋介さん、藤原竜也さん、大友啓史監督、長尾卓也さんに、思わず最敬礼したくなった。

    違反報告
1/1

関連記事