ゲッタウェイ スーパースネーク|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲッタウェイ スーパースネーク

2014年9月20日公開,90分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

誘拐された妻を助け出すため、謎の男から指示されるまま盗難車で街中を爆走する男の姿を描く、イーサン・ホーク主演のサスペンス・アクション。アクション作品に定評のあるジョエル・シルバーが製作総指揮を担当し、130台の車が次々と破壊されていく過激なカーアクションがCGなしの臨場感あふれる映像で描かれる。

予告編・関連動画

ゲッタウェイ スーパースネーク

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元プロ・レーサーのブレントは妻を誘拐され、謎の男の指示通りに盗んだマスタング・スーパースネークでブルガリアの首都ソフィアを走り続ける。途中、その車の所有者だと主張する少女を同乗させることになり、“警察に捕まったら、ゲーム・オーバーで妻を殺す”という謎の男に言われるまま、次々と降りかかる“課題”をこなしていく。

スタッフ

コートニー・ソロモン

監督、プロデューサー

シェーン・フェネガン

脚本

グレッグ・マックスウェル・パーカー

脚本

アーロン・オーシュ

エグゼクティブプロデューサー

フローリアン・ダーゲル

エグゼクティブプロデューサー

アイリーン・ガル

エグゼクティブプロデューサー

ウェイン・マーク・ゴッドフリー

エグゼクティブプロデューサー

ジョン・グッドマン

エグゼクティブプロデューサー

イアン・ハッチンソン

エグゼクティブプロデューサー

ロバート・ジョーンズ

エグゼクティブプロデューサー

ジュリアス・R・ナッソー

エグゼクティブプロデューサー

デニス・L・ペリーノ

エグゼクティブプロデューサー

ボビー・ランゲロフ

エグゼクティブプロデューサー

スティーヴ・リチャーズ

エグゼクティブプロデューサー

ジョエル・シルヴァー

エグゼクティブプロデューサー

モシュ・ディアマント

プロデューサー

クリストファー・ミルバーン

プロデューサー

アラン・ジーマン

プロデューサー

ジャスティン・バーネット

音楽

ヤロン・レヴィ

撮影

ライアン・デュフレーヌ

編集

マリアナ・スタニシェヴァ

キャスティング

ミシェル・ジョーンズ

プロダクション・デザイン

ネイト・ジョーンズ

プロダクション・デザイン

ロザンヌ・フィードラー

衣裳デザイン

イリーナ・コチェワ

衣裳デザイン

作品データ

原題
GETAWAY
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
ショウゲート(提供 ハピネット=ショウゲート)
上映時間
90分

[c]2013 ADF Acquisitions, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/9/22

    【賛否両論チェック】
    賛:有無を言わさぬ怒涛のカーアクションの連続。文句なく、深く考えずに観られる作品。
    否:ほぼひたすらカーアクションが続くので、かなり疲れるし、人によっては乗り物酔いしそう。終わり方も賛否両論か。

    よく「息もつかせぬアクション」という表現を耳にしますが、本作はまさにそれです(笑)。冒頭からいきなりのカーチェイスで、一気に世界観に引き込まれます。全編通してほとんど走っている印象で、その凄まじさたるや、平均45秒に車が1台大破するというスゴさです。なので、上映時間は短めですが、終わった時にはかなり息切れすると思います(笑)。車酔いしやすい方なんかには、もしかしたら不向きかもしれません。
    倫理的に問題はあるかとは思いますが、ブレントのドライビングテクニックと少女の頭脳が合わさった時、最強のコンビが誕生。犯人の裏をかく反撃は、まさに痛快の一言に尽きます。
    あれこれ深く考えずに、スカッとしたい時に、是非オススメです。

    違反報告