大地の救い:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
大地の救い
大地の救い

大地の救い

1924年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウィリアム・ダドリー・ペリー氏の原作を、フレッド・マイトン氏が脚色し、「楽園の盗賊」「魔海の骸骨島」島と同じくモーリス・トゥールヌール氏が監督したもので、主役は「涅槃姫君」「健気なる女賊」等出演のオーエン・ムーア氏、「ロスト・ワールド」「人類の破滅」等出演のベシー・ラヴ嬢。その他古いユ社映画でお馴染みのモード・ジョージ嬢や、「ドン・Q」出演のジーン・ハーショルト氏、悪役俳優のジョーゼフ・キルゴアー氏が出演している。劇中大地震の場に横浜震災の実況が入れてあるのが珍しい。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロシアの革命を逃れ、王冠の宝石を売り払って飢餓に陥った国民の救済費を得ようと、渡米して来たロシアの貴族ボリスを狙う悪漢団があった。首領カーストリックは宝石に趣味ある富豪を装ってボリスに近付いたが、宝石はボリスの部下が横浜に所持している事を知り、カーストックは一味の悪漢ハンセンとフォーガティーを伴い、ボリスと共に横浜へ向かった。ハンセンはマリーという乙女と恋に陥り、正直に帰ろうと決心したが、卑怯者と罵られて止むなく一味に加わっていた。横浜の某銀行の地下室でハンセンとフォーガティーとは金庫を破って宝石を手に入れた。突如大地震は襲来し、ボリス、ハンセン、フォーガティー、マリー、カーストック等は皆地下室に埋められたまま、数日の間を過ごさなければならなかった。死に直面した彼らは或者は卑しい我欲を或者は聖い同胞愛を起こした。ハンセンはボリスに懴悔し宝石を獲んとするフォーガティーと争った。ボリスはハンセンの代わりになって銃弾に倒れたが、彼はハンセンの改心を知って宝石を渡し、貧民救済事業を続ける事を依頼して死んだ。救い出されたハンセンとマリーとは結婚して新生涯に入る事になった。

作品データ

原題
Torment
製作年
1924年
製作国
アメリカ
配給
ファースト・ナショナル
上映時間
0分
製作会社
ファースト・ナショナル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?