13の選択|MOVIE WALKER PRESS
MENU

13の選択

2015年1月31日公開,92分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人間性を捨て、13のゲームをクリアすれば巨額の報酬が得られるというゲームへ参加した男の運命を描くサスペンス・スリラー。監督・脚本は「ラスト・エクソシズム」のダニエル・スタム。出演は「痛いほどきみが好きなのに」のマーク・ウェバー、『ストンプ!』のルティナ・ウェスリー、「ザ・フィールド」のデヴォン・グレイ、「クレイジー・ハート」のトム・バウアー、「ヘルボーイ」のロン・パールマン。「未体験ゾーンの映画たち2015」にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

結婚を控えるエリオット(マーク・ウェバー)は、病気を持つ弟とわがままな父の介護で借金が10万ドルに膨らみ、真面目に働いていた会社にも理不尽な扱いを受けクビになってしまう。身も心も限界に近づいていたある晩、車に一人乗っていたエリオットの携帯が鳴る。それは、車内にいるハエを殺せば1千ドル入金するというもので、エリオットは疑いつつもハエを潰してみると、携帯に入金の知らせが入る。驚くエリオットに、さらに電話の主は13のゲームをクリアしたら6百万ドルが得られるというゲームへの参加を誘ってくる。本気にできないエリオットだったが、次の“殺したハエを食べなさい”という指令を実行、再び入金されると彼の中に小さな興奮が生まれるのを実感するのだった。ゲームをすべてクリアしなければ賞金は没収されるという条件を聞かされたエリオットは、ゲームの続行を決意。やがて彼は過激化する不条理なゲームを次々とクリアしていくが……。

作品データ

原題
13SINS
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
インターフィルム
上映時間
92分

[c]2013 Lucky Number Productions, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2015/2/10

    【賛否両論チェック】 賛:常軌を逸した課題を課されるうちに、次第に人間性を失っていく主人公の変貌ぶりに、ハラハラさせられると同時に、愚かさを見せつけられる。意外な展開も印象的。 否:ゲームの動機や犯人など、謎やツッコミどころはかなり残るので、後味はあまり良くないかも。グロシーンも多数あり。  まず、最初は臆病者で引っ込み思案だった主人公が、猟奇的な課題を課されていくうちに、次第に大胆で冷酷な本性を露わにしていく様が非常に怖いです。それこそ冒頭では、誰もいなくても長い信号をちゃんと守っていたのに、後半では大通りでも赤信号を無視して突っ込んでいくようになっています。その辺りの描写も見事です。ミステリーとしては謎も残りますし、ツッコみ始めるとキリがない部分も多いですが、サスペンスとしては先が読めない展開の連続で、とてもハラハラさせられます。  腕を切り落としたり首が飛んだり、グロシーンはメッチャ多いので、お気をつけて。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告