ホーンテッド・キャンパス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ホーンテッド・キャンパス

2016年7月2日公開,93分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

幽霊が見えてしまう体質のヘタレな大学生が、日々起きる怪奇現象や恋を通して成長していく姿を描く、櫛木理宇原作のミステリー小説を映画化。大好きな後輩こよみのためにオカルト研究会に入部した大学生の八神が呪われたキャンパスの謎に挑む。主人公の森司役で中山優馬が初主演を務め、ヒロインのこよみをAKB48の島崎遥香が演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高校時代に不吉な影に狙われた後輩のこよみと出会い、恋をするも告白できずに卒業してしまった八神。一浪の末、大学に入学した彼は片想い中だったこよみと再会する。こよみを守るため、嫌々ながらオカルト研究会に入った八神は、学内で起きる原因不明の怪奇現象に悩む人々を助けるため、呪われたキャンパスの謎を解こうとする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
93分

[c]2016「ホーンテッド・キャンパス」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2016/7/6

    【賛否両論チェック】 賛:根っからの怖がりだった主人公が、仲間達や守りたい人との出逢いを通して、やがてたくましく成長していく様子が、ホラー映画なのに微笑ましくて心温まる。主人公達の〝絆”や、甘酸っぱい恋模様にも要注目。 否:コメディタッチではあるが、急に驚かせるシーンも多いので、ホラー映画が苦手な人には向かないかも。ツッコミどころも満載で、お話自体もかなり荒唐無稽。  霊感があるのに生粋の臆病で、その力から逃げ続けてきた主人公が、理解のある仲間達や守りたい人と出逢い、少しずつたくましく成長していく様子が、ちょっと怖い雰囲気の中でも微笑ましく描かれていきます。そんな彼を温かく見守り、時に優しい言葉をかけてくれる先輩部員達の存在もまた、人と人との〝絆”を感じさせてくれる、ステキな要素になっています。個人的には高橋メアリージュンさん演じる藍の、姉御肌なキャラクターが好きでした(笑)。  展開は結構強引ですが、前半は1人の少女が辿った悲劇の物語に驚かされ、後半は大学がひた隠しにしてきた〝自殺した少女”にまつわるストーリーに、ハラハラドキドキさせられます。主人公が想いを寄せるヒロインをどうやって守り抜いていくのか、その成長ぶりにも期待大です。  沢山ドキドキして、少しだけほっこり出来るような、不思議な雰囲気のホラー映画に仕上がっています。友達同士は勿論、デートなんかにもオススメの作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告