ゴールド/金塊の行方|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゴールド/金塊の行方

2017年6月1日公開,120分
  • 上映館を探す

1990年代にアメリカやカナダをはじめとした、アメリカ経済に大混乱をもたらした、通称“Bre-X事件”を基にしたクライム・サスペンス。マシュー・マコノヒーが事件の中心人物であるケニーをハゲ頭にメタボ腹という大胆なイメージチェンジで見事に演じてみせる。監督は『シリアナ』のスティーヴン・ギャガン。

予告編・関連動画

ゴールド/金塊の行方

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鉱山事業に失敗し、破産寸前まで追い込まれたケニーは、財産のすべてをかけて向かったインドネシアの山奥で過去最大と呼ばれる巨大金脈を発見する。ウォール街の巨大投資銀行から全世界の金山を牛耳ってきた黄金王までがケニーの成功を賞賛し、一躍スターとなる。だが、170億ドルの金塊が一夜にして消え、ケニーに疑いの目が向けられる。

作品データ

原題
GOLD
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
120分

Photo by Lewis Jacobs [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/6/24

    この男、もっているのか、もっていないのか。 成功して豪遊もするけれどケニー自身の根底は代々からのロマンがある。投資会社のwinwin方式ではなく、のっとり計画にはザ・アメリカンビジネスな典型的ケース?1度ではなく2度までも倒産まで追い込まれる。 先代から受け継ぐ鉱業。彼の性格が災いか、経営が危うい。 それにしても彼は恋人より重要人物を見つけたのでは。地質学者マイケル。鉱物に鼻のきく男。 ケニーに好感がもてるのは現地に赴き、一緒になって汗水流し、泥にまみれで作業し、マラリアに感染しても、なけなしの金銭で地元作業員の信頼を得ること。 上に立つ者、隅から隅まで把握するべし、高慢になるべからず、これ鉄則。 第三ヵ国はまだ資本主義が成立していなく、国の実権が物を言うため、とんでもない困難になるが、やはりキーマン、マイケル。彼こそ本物。彼と結んだあの契約書。ラストに胸を熱くさせる。 全体的に男性が好みそうな映画。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2017/6/21

    【賛否両論チェック】 賛:金鉱探しに全てを懸けた主人公の人間ドラマと、そんな彼の人生の先に待つ人間達のあさましさに、思わず考えさせられる。ラストも意外性があってイイ。 否:宣伝のようなサスペンス色はあまりないので、期待を裏切られる感が強い。  「なぜ170億ドルの金塊が一晩で消えたのか?」 というのが宣伝文句でしたが、実際はサスペンス色はあまりなく、どちらかというと、再起を誓って金鉱発見に全てを懸けた男達の人間ドラマがメインです。  やがて金塊を見つけ、成り上がっていく主人公を待ち受けるのは、景気の良い時だけ寄ってくる投資家達や、都合よく丸め込んで金鉱を奪い取ろうと画策する有力者達。そんな彼らの中でもがくうちに、いつしか忘れつつあった初心を思い出させてくれる、遠い存在となった恋人の想いもまた、人生の機微を思い知らせてくれるようです。  その上で最後にやってくる真実に、ようやく驚かされる、そんなストーリーです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/6/21

    コレは気になっていました。 なにせ、金山の麓で産まれ育ちましたから。 砂金採りとか、川遊びでしてましたよね。 父がTVのロケで、芸人さん砂金採りに案内してたりしてましたし。 日常です。 佐渡で金鉱が発見されたのは1601年の事。天命に寄り鉱山を捜し歩いていた鶴子銀山の山師の内の三名が発見しました。 それから20年後には年間248千両の金を生産していたと言います。 金は白色の石英脈の中の、銀黒帯と呼ばれる黒い縞の中に賦存します。 黒い縞は主に輝銀鉱と呼ばれる黄鉄鉱や黄銅鉱を伴う銀の鉱物。本物の金はそこにありながら、高品位鉱(500g/t以上)でなければ肉眼で見ることはできません。 鉱石の中で金色に輝いて見えるのは輝銀鉱で、それはすりつぶせば黒い粉となり金と区別できます。 こう言うのは父の受け売りです。 多分、素人には分からないのです。専門家・・・ここではマイケル・アコスタですね。彼でないと。 それにしても、良く誰も気が付かなかったなぁ‥と。皆一口噛んでお金儲けすることしか考えなかったのかな。 まぁ、金が出たら出たでその後起きる事は、金山の地元民として、歴史として知ってますけど‥ 時代が違うので、実際山師の人たちはどうやって調べたのか‥解りませんけど、凄く興味深く見ました。 ここ数年のMatthew McConaugheyの役作りは凄まじいですね。 落ち着かない醜い酔っぱらいの役を、見事に演じている・・ そしてドミノの時から注目しているEdgar Ramirez。やっぱり英語以外の言語を話している時の彼はsexy。学が有るワイルドな役も似合います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告