BRAVE STORM ブレイブストーム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
BRAVE STORM ブレイブストーム
BRAVE STORM ブレイブストーム

BRAVE STORM ブレイブストーム

2017年11月10日公開、81分、アクション/SF/ファンタジー/特撮
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1970年代の人気特撮テレビ『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』をリブートしたSFアクション。未来から2015年に時間移動してきた春日五兄弟は、侵略者撃退のため、紅健一郎博士に巨大ロボット“レッドバロン”の建造を依頼する。出演は「望郷」(17)の大東駿介、『仮面ライダーオーズ/OOO』の渡部秀。メガホンを取ったのは、「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」でプロデューサー、脚本などを務めた岡部淳也。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2050年、地球人類は滅亡していた。わずかに残された人類のうち、春日五兄弟(大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一)は、侵略者キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データに加えて、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ“シルバー”という三つの力を手に、2015年に時間移動する。過去の世界に到着した兄弟たちは、早速、ロボット工学者・紅健一郎(吉沢悠)に接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の建造を依頼。それを引き受けた紅健一郎は、兄弟に一つの交換条件を提示する。そして、健一郎の弟で血気盛んなボクサーの紅健(渡部秀)は、自らの意思とは無関係に、完成したレッドバロンの操縦者として、地球の存亡を巡る戦いに巻き込まれてゆく。エイリアンVS強化人間、巨大ロボットVS巨大ロボット。東京を舞台に、壮絶なバトルが幕を開ける!

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
プレシディオ
上映時間
81分
製作会社
ブラスト
ジャンル
アクションSFファンタジー特撮

[c]albatross japan [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?