マイ・サンシャイン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・サンシャイン

2018年12月15日公開,87分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

マイ・サンシャイン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1992年、ロサンゼルス・サウスセントラルで、ミリー(ハル・ベリー)は家族と暮らせない子どもたちを育てていた。貧しいながらも、ミリーの愛情により誰もが居場所を見つけていた。隣人のオビー(ダニエル・クレイグ)は騒々しいミリーたち家族に文句をつけながらも、陰ながら彼女たちを見守っている。しかし、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから暴動が始まり、彼らの生活にも影響を及ぼし始める……。

作品データ

原題
KINGS
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
フランス=ベルギー
配給
ビターズ・エンド=パルコ
上映時間
87分

[c]2017 CC CINEMA INTERNATIONAL-SCOPE PICTURES-FRANCE 2 CINEMA-ADVITAM-SUFFRAGETTES [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2018/12/24

    暴動とかデモってその一番のモットーを掲げている人ってほんの一握りな気がする。便乗して商品を強奪したり、今ならインスタにupしたいために器物破損行為とか、自分の人生のうっぷん晴らしに行うとか。商売人はたまったもんじゃないな。単独や少人数なら、抑制できても大勢ではもうどうにもならない。劇中のハンバーガーショップのように建物に火をつけられるより商品を無料で提供して、その場をうっちゃる方が正解なんてことも…
    モットーのない暴動は暴れる猿と一緒である。

    児童福祉を行っているミリーだが不憫だと思って何人も受け入れているが、躾があったものではない。現在東京某エリアでも問題になっているが、環境と躾は成長過程で大事なこと。
    子供から大人までここに出てくる人、こじらせ人間。若干イラッときます。人間には感情より理性が大事なのかもと思ってします。なにゆえH.ベリーとD.クレイグは出演決定したのか。はっきり言って意味不明。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2018/12/17

    1991年、ラターシャ・ハーリンズ射殺事件ロドニー・キング事件の不当な評決を発端に起きた、ロサンゼルス暴動。
    黒人が大好きな・・・と言うか、大好きな人が黒人な私は、とても辛かった。

    Halle Berry、綺麗だなぁ。Daniel Craigも№で呼ばれる役より、こう言うワイルドな方が好きだな。
    でも誰より、真面目で兄弟思いのLamar Johnsonの思春期らしい悩みや行動が、肌の色は関係無くとても魅力的だ。

    勝手な子供たちの行動に腹が立つけど、子供が自由に出来る・・ってとても大事な事よね。

    色々な場所で、人種差別は恥ずべきことと認識され、そう思われる事を避けるように、映画や舞台に黒人の役や、アジア人の役が用意されている。
    それはまるで、そうしないと反感を買い、暴動が起きるのではないかと恐れているようだわ。
    歌も、ダンスも、スポーツも、彼らは素晴らしい能力を持っていて、とても美しい。
    各界の先人たちが差別と闘い、努力とひたむきさとその潜在能力を見せつけ道を切り開いて、世界を広げたの。

    私の大好きな彼は、今L.A.に住んでいる。そして時々、自分が黒人であることについて語る。
    その都度、辛い事が有ったのかな・・と思い切なくなる。

    過去の話だけれど、まだ過去ではない。
    観ていてとても辛かった・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2018/12/16

    アメリカの黒人による暴動事件もの。
    今年はもうひと作品暴動もの「デトロイト」があった。
    「デトロイト」と違って今作品は暴動だけの視点ではなく、
    黒人の社会生活での困難さ、困窮さも映し出している。
    残念ながらそれで主題がどこなのかが分かりくくなってしまった。
    「マイ・サンシャイン」という邦題も
    この作品の視点を逸らしちゃったと思う。
    ハル・ベリーにダニエル・クレイグの名優二人が演じたので
    この作品に太い芯を通すことが出来ていた。
    ただ、いろんなものを詰め込みすぎたかな…
    っていうのが率直な感想。

    違反報告