葬式の名人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

葬式の名人

2019年9月20日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大阪府茨木市市制70 周年記念事業の一環として茨木市が全面協力、川端康成の短編小説をモチーフにした群像コメディ。息子と二人で暮らす雪子のもとに、高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て集まった同級生たちは、奇想天外な通夜を体験する。映画評論家で「インターミッション」など監督業にも進出する樋口尚文がメガホンを取った。また、川端康成の母校・大阪府立茨木高校の卒業生で、劇団とっても便利の脚本を担当、日本チャップリン協会会長を務める大野裕之が脚本を手がけた。『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』などの川端康成の短編小説を下地にしている。シングルマザーの渡辺雪子を「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子が、雪子共に奇想天外な通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を「多十郎殉愛記」の高良健吾が演じる。2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

予告編・関連動画

葬式の名人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪府茨木市にある簡素な木造アパートで息子と二人で暮らす雪子(前田敦子)のもとに、ある日、高校時代の同級生が亡くなったとの知らせが入る。卒業から10年の時を経て通夜に集まった同級生たちは、これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜を体験する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
ティ・ジョイ
上映時間
99分

[c]“The Master of Funerals” Film Partners [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/9/29

    前田敦子は『旅のおわり世界のはじまり』でも思ったけど、いい役者になってきたなぁとしみじみ。
    映画そのものはコメディというジャンルに収まらない感じにシュールで、非常識でなんというか。
    少しでも現実の話~(金の話が絡むから親族以外葬儀見積もりにかかわってはならないとか、夏場の死体は半日あれば腐敗臭できついとか)~を思い出すと、一気につまらなく感じてしまうが。
    亡くなった友人を軸に、高校時代の友人たちが同窓会をやってると思うと、なんとなくほんわかして面白い。
    不思議な作品であった。

    違反報告