新聞記者:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
新聞記者

新聞記者

2019年6月28日公開、113分、社会派
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東京新聞記者・望月衣塑子によるベストセラーを原案に、『怪しい彼女』などで知られるシム・ウンギョンと松坂桃李のW主演で映画化。政治権力の闇に迫ろうとする女性記者と、理想と現実の狭間で揺れる若手エリート官僚との対峙を描く。監督は、『デイアンドナイト』の藤井道人。

日曜21時はおうち映画館!名作とつながる「W座からの招待状」の魅力

衝撃作『新聞記者』テレビ初放送!「W座」とは? PR

WOWOWが映画ファンに必見作を毎週お届けする「W座からの招待状」。7月は映画賞総なめの『新聞記者』などをテレビ初放送!多彩なインタビューやコラムと共に、作品の裏側までじっくり堪能しよう。

予告編・関連動画

新聞記者

予告編

2019/2/27(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本人の父と韓国人の母のもと、アメリカで育った吉岡は、東都新聞の社会部記者として働いている。ある日、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届き、その真相を暴くため、彼女は調査を開始する。一方、内閣情報調査室官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする現在の任務と自身の信念との間で葛藤していた。尊敬する昔の上司・神崎と久々に再会し、かつての職務を懐かしむ杉原だったが、その数日後、神崎はビルの屋上から飛び降りてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
スターサンズ=イオンエンターテイメント
上映時間
113分
製作会社
2019『新聞記者』フィルムパートナーズ(製作幹事:VAP/制作プロダクション:The icon/制作:スターサンズ)
ジャンル
社会派

[c]2019『新聞記者』フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /54件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?