老人ファーム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
老人ファーム
老人ファーム

老人ファーム

2019年4月13日公開、82分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

小林勇貴、二宮健といった若手監督を輩出してきたカナザワ映画祭で2018年観客賞を受賞したヒューマンドラマ。母親の病気をきっかけに実家に帰ってきた和彦は、老人ホームで介護士として働き始める。入居者アイコと出会い、生きている実感を掴もうとするが……。監督は、本作が初長編作品となる三野龍一。脚本を弟の三野和比古が務める。出演は「直子の部屋」の半田周平、「ムッちゃんの詩」の麻生瑛子、「東京PRウーマン」の村上隆文。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

母親の病気をきっかけに、仕事を辞め、実家に帰って来た和彦(半田周平)。職を変え老人ホームで介護職員として働き始めた彼は、仕事場では高齢者を介護し、家では母・理恵子(亀岡園子)の面倒を見る毎日。そんな和彦の唯一の息抜きは、彼女である遥(堤満美)と会うひとときであった。施設管理者の後藤(村上隆文)のやり方に疑問を持ちながらも、和彦は入居者の笑顔あふれる楽しい生活を思い描きながら、日々仕事をこなしていく。しかし、その後藤にひとり反抗していたのは、入居者のアイコ(麻生瑛子)だった。和彦はそんなアイコの姿に次第に感化されていくが、ある夜、アイコが部屋からいなくなってしまう。職員の前で怒りと戸惑いを露わにする後藤。和彦は暗闇の中、アイコの名を叫びながら彼女を探し続ける。外に散歩しに行っただけじゃないかという一縷の望みを持っていた和彦だったが、見つけ出したアイコの表情は期待していたものとは全くかけ離れたものであった。和彦はアイコを老人ホームに連れ戻すが、彼女が抜け出した理由は分からず、なぜか和彦がその責任を負わされてしまうのだった……。2か月後、和彦が久々に老人ホームに戻ると、入居者のために育てた花が無造作に段ボールに投げ込まれていた。そこには、楽しくアットホームな老人ホームはなくなっていた。呆然と花を焼却炉に投げ込む和彦。そんななか、和彦は後藤に反抗していたアイコの気持ちを確かめようとしていた。あの人には分かってもらえるだろうという思いを抱きながら、ある夜、和彦はアイコに再会する。ところが、以前のアイコの姿はもうそこにはなかった。やがて、アイコが目の前からいなくなった時、和彦は胸中にあるわだかまりが全て消え、解放されていく……。

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
上映時間
82分
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?