イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり|MOVIE WALKER PRESS
MENU

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

2020年1月17日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『博士と彼女のセオリー』で夫婦役を演じたエディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズが再共演し、気球で前人未到の高度到達に挑んだ男女の姿を描く体感型アドベンチャー。現代の気象予測にも大きな影響を与えた実話を、最先端の映像とドルビーアトモスの録音技術を駆使し、臨場感たっぷりに映しだす。監督は『ウーマン・イン・ブラック2 死の天使』のトム・ハーパー。

予告編・関連動画

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1862年、イギリス。“天気は予測することができる”という持論を、学界からバカにされてしまう気象学者ジェームズ。調査飛行を望むも資金を集められずにいた彼は、気球操縦士のアメリアに頼み込み、高度世界一を目指す飛行に同行できることに。観客に見送られ飛び立った2人は、やがて前人未到の高度7000mに到達。だが、その先には想像を絶する過酷な世界が待ち受けていた。

作品データ

原題
THE AERONAUTS
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
101分

[c]2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • rikoriko2255

    regency

    2.0
    2020/5/18

    実話をベースにした本作だが、フェリシティ・ジョーンズ扮するアメリアは、実際は男性。
    そのため、エディ・レッドメイン演じるジェームズとの恋愛要素を高めるための変更かと思いきや、主人公の2人が、愛ではなく友情を育む関係として描かれているのがポイント。
    これまで作られた男女が一緒に行動する冒険映画の多くは、男性が勇猛果敢でたくましく、女性は男性に守られる立場といった構成が多かったが、それを逆転しているあたりが、昨今のダイバーシティ化の表れといえる。

    フェリシティといえば、『ビリーブ 未来への大逆転』でも、男女平等問題をライフワークにした実在のアメリカ連邦最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグを演じただけに、こうしたタフで芯の強い役はお手のもの、といったところか。
    アマゾンプライムでも配信しているが、できれば大スクリーンで観たいところ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2020/2/5

    こんな人達がいたんだっていう純粋な驚きと、主演二人の演技が光る迫力の映像に、只々釘付けでした。
    科学の知識が乏しい時代だからこそできる(今の時代からしたら)無謀とも言える挑戦。こういう先人達の偉業が今の私達の生活に繋がっているんだなあと思うと感慨深いですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2020/2/4

    高所から見渡す景色や、気球の構造など、奥行と広がりのある映像は、大きなスクリーンで観てこそのものだと思いました。
    プライムでテレビ画面/小さなPC/タブレット/スマホで見ると、全然驚きを感じられないはず。
    同様に、雷のなる雲の中の音も、劇場の音響システムで味わった方がいいのだろうと

    Amazonスタジオ制作なので、プライム配信はあるのだが、劇場公開するということで、(試写会に当選し)スクリーンで見られてよかったです。

    違反報告