米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯|MOVIE WALKER PRESS
MENU

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

2019年8月24日公開,128分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

文化庁映画賞・文化記録映画優秀賞など数々の賞を受賞したドキュメンタリー「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」に続き、戦後沖縄で米軍に異を唱えた瀬長亀次郎にフォーカス。日記や映像から、彼の素顔や沖縄の戦後史を浮かび上がらせる。前作に続き、『筑紫哲也NEWS23』でキャスターを務めた佐古忠彦が監督、坂本龍一がテーマ音楽を手がける。語りをフリーアナウンサーの山根基世と俳優・役所広司が担当。

フォトギャラリー

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像1
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像2
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像3
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像4
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像5
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯 画像6

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次大戦後、沖縄で弾圧を恐れず占領米軍に異を唱え続けた瀬長亀次郎。彼は生前、230冊を超える日記を詳細に書き残していた。その日記を丹念に読み解き、カメジローの闘う生き様と心に宿した不屈の精神、カメジローを支えた妻や娘とのエピソード、闘いの日々で断絶した父との関係、恩師との絆など、人間としてのカメジローの素顔を浮かび上がらせる。また、その日記に書かれていた彼の人生はまさに沖縄の戦後史であり、教公二法阻止闘争、毒ガス移送問題やコザ騒動など返還へ向け進んでいく熱い闘い、米軍による沖縄への核持ち込みの密約を交わしたとされる当時の佐藤総理との国会での論争などの映像を交え、復帰に向けた沖縄の激動の戦後史を描いていく。

キャスト

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
彩プロ
上映時間
128分

[c]TBSテレビ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2019/8/25

    前作よりも「人間・瀬長亀次郎」が分かりやすく、素晴らしい出来栄えです。旧制高校時代の恩師からの支えや父との確執など、初めて知りました。
    何よりも心打たれたのは、カメジローの国会の委員会での佐藤栄作総理との質疑です。昔の政治家は国会の委員会でも、堂々たる演説をしていたんだよなあ、ととても感銘を受けました。
    舞台挨拶を拝聴しましたが、佐古監督がいかに瀬長亀次郎に魅了されているか、胸が熱くなりました。瀬長さんの娘さんの内村千尋さんのお人柄も暖かく、素晴らしい時間をいただきました。
    多くの方々が本作をご覧になっていただきたいです。

    違反報告