ハッド:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ハッド
ハッド

ハッド

1963年11月2日公開、0分、西部劇
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テキサスの曠野に牛の王国を築いたバノン一家を描いた西部ドラマで、ライターのアーヴィング・ラヴェッチが「五人の札つき娘」「パリの旅愁」のマーティン・リットと共同で製作、「青年」のマーティン・リットが監督にあたり、ラリー・マクマーティのベストセラーから、レイビッチが脚色、「バラの刺青」でアカデミー賞を獲ったジェームズ・ウォン・ホウが撮影を担当した。出演は「ハスラー」「栄光への脱出」のポール・ニューマン、「奴隷船艦」のメルヴィン・ダグラス、「ティファニーで朝食を」のパトリシア・ニール、「シェーン」「ミズリー決死隊」のブランドン・デ・ワイルドその他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハッド(ポール・ニューマン)は30代で独身、夜になると町で女遊びにふけっていた。父のホーマー(メルヴィン・ダクラス)は裸一貫から叩きあげた牧場主だが飼い牛に恐ろしい疾病が発生、政府の殺戮令に、親子は対立、老齢の父を隠居させ、牧場の実権を握ろうとしたハッドに、ホーマーは永年心に秘めていたことをぶちまけた。ハッドの兄が死んだのは、ハッドの無謀な運転による自動車事故のためだったが、その事件で父がハッドを憎む原因だと思っていたのに、実はそれ以前から、父のハッドに対する感情は冷たかったのだ。彼は父に手痛くきめつけられ、平静を失って、その夜、前から思いを寄せていた家政婦のアルマ(パトリシア・ニール)の寝室を襲ってしまった。好意を抱いていた彼女も突然の驚きで強く拒んだ。物音を聞いて、ハッドの兄の息子ロン(ブランドン・デ・ワイルド)が駆けつけた。その彼を撲りつけて初めて冷静になったハッドは気まずい思いで詫びを言った。ホーマーは精神的にも物質的にも参っていた。そんなとき、アルマが牧場を出て行くと言い出した。彼女はハッドを秘かに愛していたことを打ち明けて去って行った。彼女を送っての帰途、ハッドとロンは道に倒れていた老人をひき殺しそうになった。それは、馬にふり落とされた父だった。ロンが医者を呼びに行くひまもなく、ハッドに抱かれて死んだ。葬式の後、ロンも荷物をまとめて、牧場に二度と帰らぬと言い残して去ってしまた。誰もいない、牛もいない牧場に、ハッドはたった一人残された。

作品データ

原題
Hud
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
0分
製作会社
パラマウント映画
ジャンル
西部劇

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?