ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ

2019年11月29日公開,78分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

リュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー」のモデルとして知られる素潜りダイバー、ジャック・マイヨールに焦点を当てたドキュメンタリー。1976年に人類史上初めて素潜りで水深100メートルに達した彼の波瀾万丈の生涯や、彼が伝えたかったことを探る。「グラン・ブルー」で主人公を演じたジャン=マルク・バールがナレーションを担当。WOWOWはじめギリシャ、フランス、カナダなどのプロダクションや放送局により共同制作された。第30回東京国際映画祭にて特別上映。写真:Mayol family archive/Daniele Padovan/Daan Verhoeven/Junji Takasago/Mehgan Heaney-Grier/Bruno Rizzato

予告編・関連動画

ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

素潜りの世界記録に命懸けで挑む青年を描いたリュック・ベッソン監督の映画「グラン・ブルー」の主人公のモデルとなったフランス人フリーダイバーのジャック・マイヨール。彼は上海在住の幼少期に何度か訪問した佐賀・唐津で海女の素潜りを見たことが将来につながった。成長し世界を放浪する彼の運命を決定づけたのは、フロリダでのイルカとの出会いだった。インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、素潜りに取り入れたマイヨールは、1976年、49歳にして人類史上初めて素潜りで水深100mに達する偉業をついに達成。そしてそれは人間を超越した感覚を経験した瞬間であった。映画「グラン・ブルー」により脚光を浴びるが、晩年は孤独の淵へと突き進み、2001年に自ら生涯を閉じた。本作ではマイヨール本人の映像や、家族や彼と交流のあった人たち、彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらの証言を通し、知られざる素顔や波瀾万丈の生涯、日本との強い絆、そして彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを深く探っていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
ギリシャ=フランス=日本=カナダ
配給
アップリンク
上映時間
78分

[c]2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE ENTERTAINMENT/WOWOW [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.5
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2019/12/8

    なぜ、今って思うが「グランブルー」の印象が強いせいか、あの青い海をスクリーンで観なくてはいかんと思うのだ。

    改めてJ.マイヨールは人間として生まれるべきではなかった気がする。許されるなら気ままに自由に海で過ごしていれが良かったのに。現実の社会ではそれでは生きられない。彼を理解する女性を失い、友と呼ばれる人たちは彼に対してこうしていれば良かったと後付け論である。その時彼がして欲しかったこと、助けて欲しかった時、各々の人生があるから全てを受け入れることが無理であったのも仕方が無い。
    彼が自身でどうにかすることができなかった。それでも第3者からみれば自身の目的や適した生活を送っていたように見えたが、違う、彼の望むことは海と同じくらい深く、謎である。

    あの静かなる海、紺碧の海から深海へ。信頼できるのは母なる海。耐え忍んで生きるより、あのような形で終焉するのも、もしかしたらありだったのではないか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    3.0
    2019/10/27

    『グラン・ブルー』の登場人物のモデルとなったジャック・マイヨールの生涯に迫ったドキュメンタリー。
    『グラン・ブルー』を未だ観ていない者としても、ジャック・マイヨールの名は耳にしたことがあり、親日家だったということも併せて聞いていたが、ここまで彼が日本に愛着を持っていたとは知らなんだ。

    私生活はいろいろと破天荒な人物だったらしいが、本作ではその辺については深く掘り下げておらず、いかに彼が海を愛していたかにフォーカスしている。
    『グラン・ブルー』という映画が彼の名を広く知らしめたと同時に、彼の人生にも狂いを生じさせていたという件が興味深い。

    彼の遺した言葉「イルカは自らの死を悟ると、自ら群れを離れる」が印象的。彼もまた一人孤独に、この世を去っていった。「ドルフィン・マン」という異名どおりに。

    違反報告