空白|MOVIE WALKER PRESS
MENU

空白

2021年9月23日公開,107分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

古田新太、松坂桃李初共演、吉田恵輔監督・オリジナル脚本で贈る「空白の時代」とそこに生きる人間の業を炙り出すヒューマンサスペンス。中学生の少女の万引き未遂事件と逃走中の不幸な死。追いかけた店長は少女の父親の逆襲にあい、人生を脅かされていく。人と人のつながりや家族の絆の希薄さ、そしてメディアの狂乱も手伝い、思わぬ方向に感情が増幅してしまう危険をはらんだ現代社会。やがて登場人物たちは、愛と憎しみの果てに「全員被害者・全員加害者」の様相を呈していく。偽り、圧力、良心の呵責……空白の時間に起きた事件が生み出す人々の心の空白。その空白は何で埋められるのか? 一見沈鬱に見える題材をシニカルかつブラックユーモアを交えた視点で描くのは、「ヒメアノ~ル」「愛しのアイリーン」の吉田恵輔監督。観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充に、劇団☆新感線の看板役者の古田新太が扮し、7年ぶりの主演作を完成させた。土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされるスーパーの店長・青柳直人に、「新聞記者」でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李。企画・プロデュースは、「あゝ、荒野」「新聞記者」「宮本から君へ」など話題作を世に送り出してきたスターサンズの河村光庸。

この衝撃を体験してほしい!『空白』公開記念スペシャルサイト

誰しもに起こりうる出来事を描く『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督最新作『空白』。オピニオンや映画ファンから絶賛の声が相次ぐレビューコラムやキャストインタビューなど、魅力に迫るコンテンツが満載 PR

誰しもに起こりうる出来事を描く『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督最新作『空白』。オピニオンや映画ファンから絶賛の声が相次ぐレビューコラムやキャストインタビューなど、魅力に迫るコンテンツが満載

予告編・関連動画

空白

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

はじまりは、女子中学生の万引き未遂事件だった。スーパーの化粧品売り場で万引き現場を店長の青柳に見られて逃走した彼女は、国道に出た瞬間、乗用車とトラックに轢かれて死亡してしまう。だが、女子中学生の父親・添田充は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、事故に関わった人々をモンスターのように追い詰めていく。さらに、店長の青柳と女性ドライバーは、父親の執拗な追求にも増して、加熱するワイドショー報道によって、混乱の極みと自己否定に追い込まれる。真相はどこにあるのか……。少女の母親、学校の担任や父親の職場をも巻き込んで、人々の疑念は増幅し、事態は思いもよらない結末へと展開する。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
スターサンズ=KADOKAWA
上映時間
107分

[c]2021『空白』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    SHIKI

    4.5
    7日前

    ※胸糞ばっか言ってるのでご了承下さい。

    この映画をなんて表すのが一番良いんだろう?と考えた結論。

    「胸くそ悪い映画です」

     この映画は普段私が目を逸らしている、人間の嫌なところをこれでもか!と見せてくるので、
    「こっちは気づかなかったことにしてるんだよ…やめてくれよ…」
     と、非常に苦しくなります。全編通してしんどい。見終わった今切実に記憶を消したい。
     二回は見たくない。

     また、話の中で絶対悪になる存在がいない&実際に聞く出来事が起きたりしている(マスゴミの切り取り報道や正義の味方ぶった一般市民の私刑など)ので、本当に日常を切り取って見ている気にされます。

     登場人物それぞれ胸糞だなと思うのですが、とりあえずトップ3を挙げておくと、

    ① 古田新太さん演じる父親
     冒頭から人間として終わってる。ずっと漁師一本でやってきた(多分)、価値観が凝り固まった『自分が絶対正しいマン』で、人の話を聞きやしない。
    でもこういう職人気質のおじさん居るよね。と思うリアルさが、こちらの気分を最高潮に害してきます。
     流石古田新太さんだな、と。(古田新太さん大好きです。)
     娘を殺されているのだから許せる訳はないのだけれど(むしろそんなすぐに許せたらどこの聖人君子だよ、と思うけど)途中から
    『「万引きした娘が逃げて殺された話」じゃなくて、
    「まったく落ち度が無かった娘が悪いやつに拐かされそうになった結果殺された話」にしたい(しか俺の中ではあり得ない)から、それを真実としてお前が話すまで追い詰めるマン』になるのでやっぱり胸糞です。
     やり方間違ってるんだよなぁ…。

    ② ボランティア大好きおばさん
     ああ、こういう人いるよね…と思う…
     『私は貴重な自分の時間を使って慈善活動をしている、だから私が言うことやることは絶対正しいマン』です。
     自分がやることは全て自己満足。「人のためを思ってやってあげた」は、結局自分のため。人に押し付けるのはやめましょう。と、自戒になりました。
     年齢的にどんどん近づいていくので、本当に気を付けたいと思います。

    ③ 要所要所で出てくるモブ
     これこそ胸糞の鉄板、まったく関係ない第三者がさも正義面して私刑。や、話題になるからと面白がって冷やかし。
     こいつらマジで腹立つ~暇人か!と思うけど、いざ自分がその第三者になった時、同じ事しないって言えるの?
     と、これまた自戒になりました。人の振り見て我が振り直せ。


     その他、松坂桃李さん演じる店長や、轢かれてしまう娘さん、いきなり車の影から飛び出されて轢いてしまうお嬢さんやとどめをさしたトラックの運転手など、それぞれの視点から見ると救いが全く無くて本当に息が苦しくなる。
     特にトラックの運転手については冒頭でしか描かれていなかったけど、実際にあったとしたらもっとキツいんじゃないかな、と思います。

     特に轢かれてしまう娘さんの描かれ方が私は切なかった。
     普通の引っ込み思案、ともすればいじめでも受けていたのかな?と思いきや、それ以前の問題だった。
     もっと早い段階で気づいてあげることが出来ていて、対応できていればまた違ったのかな。と思うと切ない。(そこで言うと母親が気づいてたのにな、というところがありますが…)

     そしてなあなあで済ませようとする教育現場への切り込みが鋭い。
     担任の先生が自分の教育に疑問を感じるけれど、それを押し潰していくところなんてしょっちゅう取り沙汰されている事で、ああこうやって教育現場は若い芽を押し潰していくのだな、としみじみ思いました。

     と、ポイントを上げていくとキリがないのですが、

     結論、見る価値あります。

     胸糞な登場人物たちも、話が進んでいく事で自分の行いを振り返り、自問自答し、うまくいかない現実にもがきながら進み始めるのでずっと胸糞展開が続くわけではありません。(まぁ松坂桃李くんは最早PTSDだよね、という位に追い詰められることにはなっちゃうんですけど…)

     でも見る価値あります!むしろこれは見た方がいい!

     ただ、見終わった後めちゃくちゃ疲れるのと、気分がどんよりするのは覚悟して見た方が良いかもしれません(それだけ俳優さん達の演技と脚本と演出が素晴らしいということなので…笑)

     ちなみに胸糞胸糞言ってますが、漁師の弟子が「コイツいいやつだなー」と、要所要所で良い味出してます。
     「自分はあなたが父親だったら嫌ですね」的なセリフを古田新太さんに言うシーンがあるんですが、いや良く言ったなお前…!!と、その瞬間喝采を送りたかった。
     その他、しつこいマスコミを港から追い出したり、クソジジイと言いつつ師匠を尊敬しているのが伝わってきて凄くいい弟子でした。

    それと最後に出てくるトラックの運ちゃん。松坂桃李くんに救いを与えてくれるんですけど、なんか好き笑
    途中で桃李くんが轢かれそうになるトラックの運ちゃんもこの人だった気がする?

     あと、個人的に一番泣けたのが、轢いてしまったお嬢さんがなんやかやなった時のお母さんの涙と、そのお母さんが古田新太さんにかける言葉ですかね…
     古田一家の涙では正直泣けなかったんですが、このお母さんにはものすごく泣かされました。
     自分が同じ状況に立っても絶対言えないな、凄いな、と思いました。
     頑なだった父親に『お前は娘のことを理解してもいないのに良く言えたもんだな?』と投げ掛ける(父親側が勝手にそう感じるだけですが)場面は、唯一もう一回見たいな、と思うシーンでした。

    この映画を見て感じることは人それぞれだと思いますが、何かしら必ず残る作品になると思うのでオススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    dwpcs477

    3.5
    10日前

    朝ドラに伊東蒼さんが出演して気になり見ましたが、その顔が脳裏に焼き付いて離れません。考えさせられる良い作品だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.4
    12日前

    空白な時間は空白であって思い出せないけれど、実際には起こっていること。
    無意識に流している日常こそが空白で、ことが起こった時点で空白でなくなり現実化してくるのか…?孤独がもたらす無関心、無気力、無意識…を空白とするなら、本当の優しさに触れる、自分を取り戻す瞬間や過程に触れられる。

    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    5.0
    22日前

    空白起きたことは謎ままですが、話に引き込まれました。今の問題など取り上げられてよかったです。いろいろと考えさせられた映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.2
    24日前

    離婚して中学生の娘と二人で暮らす主人公。娘がスーパーで万引きしている所を店長に見つかり、逃走する途中で道路に飛び出してトラックに跳ねられ即死。主人公が娘の死の真相を知ろうと店長を執拗に追い詰めていく。普段から娘を怒鳴り、関心を持たずに過ごしてきた主人公。万引きを見つけ、娘を追いかけて死に追いやった店長。突然飛び出してきた娘を轢いてしまったドライバー。不幸な事故に関わった人々がそれぞれに苦悩する姿がリアルに描かれている。もしも自分が当事者だったらどうなるか。果たして辛い現実を受け入れることが出来るのか。どんなに後悔しても娘はもう戻って来ない。主人公はこの現実にどう折り合いをつけるのか。悩みながらも結局、苦悩を抱えて生き続けていくしかない現実。心の空白を埋めるには長い時間が必要だ。関係者の苦悩を思うととても虚しい作品だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうし

    5.0
    24日前

    すごーく、暗い気持ちをたたみかけられる映画。だけど、その中に人間らしさがぎゅっとあり、心が動き始めたときに、
    自分も一緒に心が救われる思いがした。
    観てよかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    スケさん

    3.5
    25日前

    中々しんどい映画でした。
    ほんと、どうやって折り合いつけたら良いんでしょうね。
    逃げ出したくなるのが普通の反応だと思うし、心が弱いとか責めれんよなー。

    青柳は最後にちょっとだけ救われたのかな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    5.0
    29日前

    不幸の連鎖も重なり、観ている私たちもひどく滅入ってしまう。それだけスクリーンにのめり込まされる訳だが...終盤ようやく再生の兆しが見えたシーンでは不覚にも涙が...。
    被害者、あるいは加害者として、同じ境遇に遭った際、自分はどう振る舞い、向き合えるのか、深く考えさせられた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コロン300

    5.0
    29日前

    誰にでも起こり得ることであって考えらせながら鑑賞した。役キャラにそれぞれ個性があっていい映画でした。
    今年鑑賞した作品の中でも1番の作品と思わせる映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    わせい

    4.6
    1ヶ月前

    娘を交通事故で失った父親添田の役を古田新太にふさわしく演じていました。
    娘を愛していたとしても理解していたのか
    万引きをしたのか
    スーパーの店長青柳との関係も・・・
    感無量です

    違反報告
  • rikoriko2255

    nagagutu_happy7

    4.5
    1ヶ月前

    この作品は、登場人物全ての人達の各々の立場・状況を把握しながら、その各々の人達の感情を捉えながら観ると、なかなか面白い。
    どの人の気持ちも十分なくらい理解できる。
    父親は、最後には真実を知り、辛いながらも感情を落ち着けることができて良かったのでは。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Tomoboop

    4.0
    1ヶ月前

    振り上げた拳をどうして良いのか、怒りの矛先を何処に向けて良いか、加害者も被害者ももうどうして良いか分からない苛立ちがヒリヒリ伝わって来て辛かったです。登場人物全てに「私だったら?」と自分を重ね合わせて考えさせられました。こんな辛い物語の末に「救いは何処にあるのか」は、終盤でちゃんと回収されていて見事でした!古田新太さんの雰囲気が少しずつ変わっていく繊細な演技が素晴らしかったです!

    違反報告
  • rikoriko2255

    かにこ

    5.0
    2ヶ月前

    実際どこかで起きていそうな設定。キャストが全員ハマり役。登場人物のほとんどがクセがあるというか、良心を持ちながらも難があるという難しい役どころでありながらも、見事に演じきっていたのでリアリティがあった。見終わった後、現代の歪みや、社会問題について考えさせられた。今のところ、今年一番の作品。

    違反報告
  • rikoriko2255

    モコママ

    5.0
    2ヶ月前

    万引きから始まる物語。関わった人たちの人生が音を立てて崩れていくようで観ていてとても辛かったです。唯一救われたのは最後に絵を通して娘さんとの繋がりを感じとれたことです。きっとあの風景は、いつか二人でみた共通の思い出だと私は思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告