過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道|MOVIE WALKER PRESS
MENU

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道

2021年4月30日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

デビューから50年余、81歳にして今なお最先端で活躍を続け、世界で最も人気のある日本人写真家、森山大道に密着したドキュメンタリー。幻となっていたデビュー写真集の復刊プロジェクトを通じて、これまで謎に包まれてきたその素顔が明らかになる。写真家としてだけでなく、造本家や編集者とやりとりする森山の姿も垣間見ることができる。

フォトギャラリー

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像1
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像2
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像3
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像4
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像5
過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 画像6

予告編・関連動画

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デビューから50年余、81歳にして今なお最先端で活躍を続ける写真家・森山大道。2019年には写真界のノーベル賞とも言われる“ハッセルブラッド国際写真賞”を受賞するなど、世界で最も人気のある日本人写真家として知られる。ストリートスナップの帝王、世界的ファッションブランドからコラボを求められるスタイリッシュな巨匠、若い世代からも絶大な支持を集める写真界最大のスーパースター……。様々な顔を持ちながらも、その撮影手法や普段の生活は、これまで謎に包まれてきた。そんな森山の魅力に迫るため、1968年に出版され、“幻の作品集”として半ば伝説化していた森山のデビュー写真集『にっぽん劇場写真帖』の復刊プロジェクトに密着。写真家としてだけでなく、造本家や編集者とやりとりする森山の姿も垣間見ることができ、まるで一冊の本が誕生する現場に立ち会っているような感覚を味わうことができる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
テレビマンユニオン
上映時間
112分

[c]「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?