川っぺりムコリッタ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
川っぺりムコリッタ

川っぺりムコリッタ

2022年9月16日公開,120分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『かもめ食堂』『彼らが本気で編むときは、』の荻上直子が監督、脚本、原作を務めるヒューマンドラマ。『BLUE/ブルー』『ホテルローヤル』の松山ケンイチを主演に迎え、孤独だった青年が、生と死の狭間を明るく生きる住人たちとの交流を通して幸せを見つけていく様子を描く。共演はムロツヨシ、満島ひかり、吉岡秀隆、江口のりこ、柄本佑。

“ごはん”から紐解く“つながり”『川っぺりムコリッタ』特集

“ごはん”から紐解く“つながり”『川っぺりムコリッタ』特集 PR

荻上直子監督が「おいしい食」と「心をほぐす幸せ」をテーマに描いた最新作!キャスト4名のリレーインタビューや独自のレポート記事などでその魅力に迫る

予告編・関連動画

川っぺりムコリッタ

予告編

2021/8/23(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

誰とも関わらずに生きていくことを決め、イカの塩辛工場で働き始めた山田は、社長から紹介された安アパート「ハイツムコリッタ」で生活を開始する。ある日、隣室の島田が風呂を貸してほしいとやってくると、それ以来山田の静かな日々は一変。ひっそりと生きるつもりだった山田だが、いつのまにか個性的なアパートの住人たちと関わりを持つようになる。しかしそんなある時、山田がこの町にやってきた秘密を、島田に知られてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
120分
製作会社
『川っぺりムコリッタ』製作委員会(KADOKAWA=朝日新聞社=メ~テレ=カルチュア・エンタテインメント=平成プロジェクト=basil=RIKIプロジェクト=ムービーウォーカー=Filmarks=ねこじゃらし=富山テレビ放送=北日本新聞社)(製作幹事:KADOKAWA=朝日新聞社/制作プロダクション:RIKIプロジェクト)

[c]2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2 /44件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?