fOUL|MOVIE WALKER PRESS
MENU

fOUL

2021年9月24日公開,99分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1994年~2005年に活動したスリーピース・バンド、fOULのドキュメンタリー。無類の音楽性で、アンダーグラウンドで絶大な影響を及ぼしたが、4枚目のフルアルバム発表後、活動を休止。そのアーカイヴ素材を発掘し、ライヴ映像を中心に映画化した。監督は、「JUST ANOTHER」の大石規湖。音楽のミックスは、元eastern youthのベーシスト、二宮友和。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

fOUL

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

90年代初頭にUSパンク/ハードコア直系のサウンドで日本の音楽シーンに新境地を切り開いたバンドであるBEYONDSの谷口健(Vo./G.)と大地大介(D.)が、札幌ハードコア出身の平松学(B.)を誘い、1994年に結成したバンド、fOUL(ファウル)。アメリカン・ハードコア/パンクと日本独特のメロディや語彙を融合し、どこにも存在しない音楽性を有し、eastern youthや bloodthirsty butchersとのライヴ活動や音源発売、『砂上の楼閣』と題された自主企画ライヴを計34回にわたって主催するほか、サンフランシスコ、バンクーバー、ロサンゼルスでの海外レコーディングも行った。彼らのサウンドはアンダーグラウンドで絶大な影響を及ぼし、海外レコーディングではフランク・ザッパやエルトン・ジョン、U2 やモリッシーを手掛けるエンジニア兼プロデューサーのジョー・チカレリがプロデュースを買って出た。しかし、4枚目のフルアルバム発表後の2005年、fOULは突如休憩を表明する。以後16年が経過したが、バンドは蘇生することなく現在に至っている。本作は各所に散らばっていたアーカイヴ素材を発掘、ライヴ映像を中心に、バンドと音楽のみが存在する映画としてまとめ上げた。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
キングレコード
上映時間
99分

[c]2021 The top of fOUL films, all rights reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?