標的:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
標的
標的

標的

2022年2月12日公開,99分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1991年に元慰安婦の証言を記事にした元朝日新聞記者・植村隆が、23年後に「捏造記者」などと汚名を着せられ、本人のみならず家族までもが理不尽なバッシングにさらされたことに抗い、その支援者たちと共に真正面から立ち向かう姿を記録したドキュメンタリー。監督は記録作家・林えいだいの姿を追った映画「抗(あらが)い」で平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞を受賞した元RKB毎日放送(福岡)ディレクターの西嶋真司。第 64 回日本ジャーナリスト会議賞(JCJ 賞)受賞。第 26 回釜山国際映画祭正式招待作品(ワイドアングル部門ドキュメンタリーショーケース)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1991 年 8 月、元「慰安婦」だった韓国人女性の証言を伝える記事を書いた朝日新聞大阪社会部記者(当時)の植村隆は、その中で彼女が女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に性行為を強いられたという証言を報じた。日本政府は、「慰安婦」が強制的に戦地へ送られたことを裏付ける資料が発見されていないとして、慰安婦の募集に国家や軍部が関与したことを否定しているが、安倍晋三衆院議員が政権に復帰した後となる 2014 年以降、一部から「捏造記者」と彼への執拗なバッシングが始まった。植村を「売国奴」「国賊」「反日」などと非難する誹謗中傷は次第にエスカレートし、彼が教職に就くことが内定していた大学、そして家族までもが卑劣な脅迫に曝された。この韓国人女性が名乗り出た後、他のメディアも同じような記事を伝えたなか、なぜ彼だけが「標的」にされたのか? 一方、不当な攻撃によって言論を封じ込めようとする動きに対抗するために、大勢の市民や弁護士、マスコミ関係者らが支援に立ち上がった。

キャスト

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
グループ現代
上映時間
99分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?