猿ノ王国:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
猿ノ王国
猿ノ王国

猿ノ王国

2022年4月2日公開,75分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

テレビ局で起きた隠蔽事件を社会の縮図になぞらえたスリラー。地下の編集室でコロナ・ワクチン特集の再編集が秘密裏に行われていた。担当ディレクターは怒りを露わにするが、編集室に監禁されてしまう。そのころ、最上階の役員室に責任者が呼び出されていた。監督・脚本は、「超擬態人間」の藤井秀剛。出演は、「狂覗」の坂井貴子、「半狂乱」の越智貴広。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コロナ・ワクチンに関するニュース特集の放送日。特集内容に問題が生じ、テレビ局の地下にある編集室で秘密裏に特集の再編集が行われていた。それを知った担当ディレクター・佐竹(坂井貴子)は、本人すら知らない再編集に怒りを露わにする。しかし、編集室を出ようとするとドアが開かず、もうひとりのディレクターと編集マンとともに監禁されてしまう。そのころ、テレビ局最上階の取締役員室にニュース特集の責任者である新人ディレクター・元川(越智貴広)が呼び出され、責任の是非が問われていた。報道部の上層部は再編集を勝手に行いながら、その責任を元川に背負わせようとしていたのだ。卑劣なやり方をしながら笑顔を絶やさない上司らの態度に元川は不満を爆発させ、再編集はさせないと宣言する。はたしてニュース特集は放送されるのか? 編集室に監禁した黒幕は誰なのか? テレビ局の天と地で繰り広げられる人間模様は、やがて憎しみに満ちた復讐劇を引き起こす……。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
POP
上映時間
75分
製作会社
CFA=Skill(企画:Skill/制作プロダクション:CFA)

2021[c]POP CO., LTD. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?