フーリング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フーリング

1981年3月14日公開,111分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカ中西部の、ミネソタ大学を舞台に、1人の一本気な青年が婚約者のいる大金持ちの娘を獲得するまでを描く。製作はアーノルド・コペルソン、監督は「マイ・ライフ(1978)」のリチャード・T・ヘフロン、脚本はマイク・ケインとデイヴィッド・スウィフト、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はシールズ&クロフツが各々担当。出演はゲイリー・ビジー、アネット・オトゥール、ジョン・カルビン、エディ・アルバート、クロリス・リーチマン、トニー・ランドールなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミネソタ大学の新学期。ウェス(ゲイリー・ビジー)はオクラホマの大工の息子で建築工学の勉強のためにこの大学にやって来た。金のないウェスは、科学実験のモルモットをしてお金を稼ごうとするが、そこの研究助手のスーザン(アネット・オトゥール)の笑顔に魅了される。スーザンのミスで電気ショックを受けてしまったウェスは、彼女に替りにアルバイトの世話をしてもらう。その勤め先ダゲット建設はスーザンの祖父ダゲット(エディ・アルバート)が会長で、母親サマンサ(クロリス・リーチマン)が社長なのだ。ウェスは、スーザンに憧れるが、彼女にはフィアンセがいると聞いてショックを受ける。そのフィアンセ、ウィットリー(ジョン・カルビン)は、ダゲット建設のボスになるという下心をもつキザな男だったが、彼はサマンサには気に入られていた。ことあるごとにウィットリーと衝突するウェスは、しかし、ダゲットには見込まれていた。スーザンの家で行なわれたテニスの試合がきっかけで親密度を増すウェスとスーザソ。ウェスにかたむき出したスーザンの心を察して、ウィットリーがチンピラを使ってウェスを脅す。1度はスーザンを諦めたウェスは、しかしダゲットに励され、いよいよ結婚式が行なわれるという時、猛スピードで教会に向かった。その彼を追うやとわれチンピラども。カー・チェイスの末、ウェスは教会にまっしぐら。ウェスを忘れられないスーザンは、ウィットリーを前にして教会の外に突び出すのだった。

作品データ

原題
Foolin' Around
製作年
1980年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
111分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?