無法者の掟(1923):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
無法者の掟(1923)
無法者の掟(1923)

無法者の掟(1923)

1923年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ピクトリアル・レヴィウ誌に掲載されたコンラッド・ベルコヴイチの原作を、E・ロイド・シェルドンとエドフリッド・A・ビンガムとが脚色し、「埃乃の月」「アンナの昇天」等と同じくヴィクター・フレミングが監督したもので、「濃霧を衝いて」「埃乃の月」等主演のドロシー・ダルトンが、「アダムス・リブ」「愚か者の楽園」等出演のセオドア・コスロフを対手役として製作した活劇。その他シャルル・ド・ローシュやタリー・マーシャル、マーガレット・ルーミス等が共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

町から町を漂い歩くジプシーの娘サハンデは父の負債を払う金を得るために競買台へ立たせられ一番良い値段をつけた男に売り渡される事になった。ジプシーの酋長コスタは擲って、彼女を許嫁センダーの手から奪った。しかし彼はサハンデの激しい抵抗をみて10日経ったら妻として愛を尽くすか、又はセンダーを自分と戦わせるか、どちらかを選べと彼女に要求した。これを聞いたセンダーは部下を率いて単身のコスタを捕え、彼を塔中に幽閉したがその塔は火に包まれた。この卑劣な行を見たサハンデは初めてコスタの男らしさに目覚め、彼を猛火のうちより救った。センダーとコスタとは猛火中に大格闘、センダーは遂に火中に投げ込まれる。サハンデはコスタとの愛に幸福を味わう身となった。

作品データ

原題
The Law of the Lawless
製作年
1923年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント支社
上映時間
0分
製作会社
パラマウント映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?