ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語
ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語

ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語

1989年2月25日公開、0分、コメディ
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

初恋の女性の無実を証明しようと奮闘努力する青年の姿を描くコメディ映画。製作・監督は「マスク(1984)」のピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はM・A・スチュワートとマックス・ディクソン、撮影はダンテ・スピノッティ、音楽はフィル・マーシャルが担当。出演はロブ・ロウ、コリーン・キャンプほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋人にふられ、ノースカロライナから故郷セント・オーガスティンに戻ってきたリチャード・ダイス(ロブ・ロウ)は、着くなり早々裁判所に呼び出され、陪審員を務めることになった。ところがノースカロライナで起きたその事件の容疑者が、初恋の人モリー・ギルバート(コリーン・キャンプ)であることを知り興味を抱いた彼は、モリーの尾行を始める。途中でスザンヌ(キム・マイヤーズ)とシャロンという2人組の車に乗せてもらうこともあったが、次第にリチャードはモリーの無実を確信する。ところがある夜モリーの持つ、事件の一部始終が録音されているカセット・テープを狙う殺し屋とはち合わせしてしまい、ひょんなことからテープはリチャードの手に渡った。それによって彼は、真犯人がモーリーの元恋人とそのパートナーであることを知り、一計を案じた。同時にスザンヌとシャロンが事件の目撃者であることも知り、裁判でわざと有罪に追い込んだモリーを法廷からさらい、スザンヌらの協力を得て追っ手を巻く。そして殺人の証拠となる死体を発見したリチャードは、それとカセット・テープとでモーリーの無罪を証明し、彼女を窮地から救い出すのだった。

作品データ

原題
Illegally Yours
製作年
1988年
製作国
アメリカ
配給
松竹富士
上映時間
0分
製作会社
クレセント・ムーン・プロ作品
ジャンル
コメディ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?