波瑠、“着衣を脱ぐ”シーン秘話「覚悟あった。人間臭さが出てくれれば」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2020/11/13 20:09

波瑠、“着衣を脱ぐ”シーン秘話「覚悟あった。人間臭さが出てくれれば」

桜木紫乃の直木賞受賞作を映画化した『ホテルローヤル』の初日舞台挨拶が11月13日に神楽座で開催され、波瑠、松山ケンイチ、安田顕、友近、武正晴監督が登壇。ラブホテルを舞台にした映画で「着衣を脱いだりする」シーンがあったという波瑠が、「覚悟があって」と告白。「自分がお風呂に入る時に服を脱ぐ感じって、絶対に自分しか知らないじゃないですか。そのクセをたくさんの人に見られている気がして。一瞬、恥ずかしいなと思いました」と照れ笑いをのぞかせつつ、「でも、そういうちょっとしたところに人間臭い感じが一緒に出てくれればいいなと思った。恥とかは基本的になく、その時間に身を委ねていました」と語った。

『ホテルローヤル』の初日舞台挨拶が開催された
『ホテルローヤル』の初日舞台挨拶が開催された

原作者である桜木の実家だったラブホテルを舞台にした7編の連作を、現代と過去を交錯させた一つの物語として映像化した本作。波瑠は、受験に失敗し、家業である北海道の釧路湿原を望む高台のラブホテルを手伝うことになった主人公の雅代を演じた。舞台挨拶の模様は、全国23館の劇場にライブ中継された。

波瑠は「映画を昨年の5、6月に撮影していた。今日までいろいろなことがありましたが、こうして無事に初日を迎えられて、ご挨拶ができて幸せ」としみじみ。「お客さんの前で(舞台挨拶を)できないというさみしさもありつつ、なにを言っても滑るみたいな感じもある」と観客のいない会場でのトークに戸惑いを明かしながらも、「こういう機会だからなお、カメラを通して、電波に乗って、いつもより多くのお客様に同じ時間が届いているということを楽しめたら」と前向きに語っていた。

方言について明かした松山ケンイチ
方言について明かした松山ケンイチ

アダルトグッズ会社の営業マンを演じたのが、松山。武監督によると、北海道を舞台にした映画でありながら「だんだん東北の言葉になっているなと思った」と青森出身の松山が東北弁のイントネーションになっていたことを暴露。「東北から来た、北海道で働いている人なのかなと思って。すごくリアリティが出てよかった」と続けると、松山は「青森弁でしゃべっちゃった。(北海道の人が)北海道の言葉じゃねえよって思いながら見ちゃう。心配なんですよ。優しく見てください!」と訴えていた。

原作者の桜木と一緒に取材も受けたという波瑠。「インタビューを一緒に受けていて印象的だったのが、桜木さんが『なにかから積極的に逃げるということは、発想の変換をすると前向きな行為なんじゃないか』とおっしゃていたこと。それは目から鱗だった」そう。そのひとときは「私の人生を豊かにしてくれるすごく貴重な時間だった」と受けた刺激を語っていた。

取材・文/成田おり枝

関連作品

  • ホテルローヤル

    2.9
    257
    第149回直木賞を受賞した桜木紫乃の小説を「嘘八百」シリーズの武正晴監督が映画化